SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プロフェッショナル同士の雑談が聴ける音声型プラットフォーム「ZATSUDAN」正式リリース

 4月16日、ZATSUDANは、企業家・政治家・医療科学の専門家・タレント・アーティストといったプロフェッショナル同士の雑談が聴ける『ライブ型音声配信サービス』と、各人のオリジナル動画コンテンツを楽しめる『動画配信サービス』を兼ね備えた、音声型プラットフォーム「ZATSUDAN」を正式リリースした。

 同サービスは月額1,500円(税込)で回数に制限なく配信者同士の雑談や、限定動画を見られるもの。なお、配信できるのはZATSUDANが選定した著名人のみ。視聴者は配信を聞きながらコメントを送り、配信者が確認することでインタラクティブなコミュニケーションが可能。

 ビジネスのオンライン化が加速し、目的のないコミュニケーションが少なくなった。それに伴い、ランダムな情報やアイデアと出会うことがこれまで以上に困難になっている。

 そんな中、普通では聞くことができない個性的な知見・価値観・情報網を持つ各界のプロフェッショナルたちの雑談を通して、視聴者の日常にヒントを提供し、人と人とをつなぎ、よりイノベーティブでより面白い世の中を創ることを目的にしたサービスだ。

 同社代表取締役社長関 清仁氏および、取締役の堀江貴文氏によると、メインターゲットは20~40代の男性ビジネスパーソン。配信者の選定基準はただ面白いだけではなく、専門性を持っている人物。

 なお、今後も同社は女性だけの雑談アプリや、政治経済により特化したアプリなどコミュニティを形成できるサービスの提供を検討している。

【関連記事】
約3人に1人が音声メディアを日常的に利用/使ってみたい媒体にClubhouseも【トレンダーズ調査】
オトナルと朝日新聞社、音声ニュースアプリ「朝日新聞アルキキ」で音声広告枠のプログラマティック販売開始
音声広告とバナー広告の組み合わせで認知は非接触者の8.3倍に【ADK MS調査】
リクルートの「SUUMO」、インタラクティブ音声広告を開始 音声回答から広告への興味有無を識別
博報堂DYHD、アーティストに特化した月額制音声配信サービス「Artistspoken」を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング