SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂プロダクツ、既存サイトに組み込み可能な「インテリアのAR試し置きサービス」提供

 4月23日、博報堂プロダクツは、社内のクリエイティブ×テクノロジー専門組織「ウラワザ」を通じて、専用アプリ不要でWEBブラウザ上からARでインテリアやプロダクトの試し置きが体験できるサービスの提供を開始した。

 同サービスを導入したサイトの利用者は、実際の店舗に行かずともARを使ってサイズ感や部屋に置いたイメージなどを体験することが可能になる。これによりECサイトでの買い物体験向上と、イメージの違いやサイズの間違いによる返品などの損失を減少が期待できる。

 専用アプリや専用のARマーカーは不要で、通常WEBブラウザからシームレスにAR体験に移行可能だ。

 導入企業はリンクボタンを取り付けるだけで、既存のWEBサイトやECサイトにAR体験コンテンツを追加できる。なお、Androidスマートフォンへの対応はオプション。

 また同サービスはECショップ以外にも様々なデジタルシーンで活用でき、グループ会社のEmergeと連携したオフショアCG制作により、大ロット制作などの要望にも対応が可能。

【関連記事】
@cosme SHOPPING、STAFF STARTを導入 ECサイト内で美容部員による投稿を開始
DMMと朝日放送グループHDが通販事業を開始 テレビとECの融合で消費者との継続的なつながりを作る
DACとアイレップ、「Commerce Flow」に時間帯配信機能を搭載 ECマーケティングを支援
レイワンダッシュ、ライブ配信者のみが出品できるEC「ラブマ」をオープン
リチカ、ECにおける動画活用の販促効果についてギフトサイト「TANP」と共同研究を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング