SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アダストリア、初のOMO型店舗「ドットエスティストア」オープン

 アダストリアは、同社グループ公式WEBストア.st(ドットエスティ)初となるOMO型店舗「ドットエスティストア」をオープンする。

 同店舗は、WEBストア.st(ドットエスティ)の持つ次の4つの機能を、デジタルサイネージを活用して実店舗のサービスに落とし込み、顧客の「欲しいもの探し」をサポートする。

  • STAFF BOARD(人と人のつながり)
  • トレンドランキング(購買データ)
  • ブランドリコメンド(幅広いブランド展開)
  • パーソナルスタイリング (自分に合った特別な体験)

 WEBストア.stが持つ世界観と、リアル店舗での体験を融合させ、買い物やファッションをもっとラクに、もっと楽しくするニーズを満たす新たな試みだ。

 具体的には「STAFF BOARD」は3000名のスタッフの中から選ばれたスタッフが、デジタルサイネージを使ってブランドMIXのコーディネートを提案。気に入ったスタッフをQRコードからその場でフォローすることもできる。

 「ブランドリコメンド」では人気ブランドからのリコメンドアイテムが並び、1店舗で人気ブランドのアイテムを一気に見ることができ、様々なアイテムを着比べることができる。

 「パーソナルスタイリング」ではミラー型のサイネージを使って、スタッフに1対1でスタイリング相談が可能。事前にお気に入りスタッフの接客予約をし、気になるアイテムのスタイリングアドバイスを受けることができる。

左からSTAFF BOARD、トレンドランキング、パーソナルスタイリング
左からSTAFF BOARD、トレンドランキング、パーソナルスタイリング

 また、「ハッシュタグ検索」を使い、試着しながらもっと自分好みのスタイリングを探したり、購入履歴を参考に関連アイテムを探したりすることも可能。

 その他、WEBストアで購入した商品の受け取りや、WEBストアアプリから複数ブランドの商品の試着予約を一度にすることも可能。

 なお、店舗は5月19日に「ドットエスティ ららぽーとTOKYO-BAY店」が、5月28日(金)※には「ドットエスティ ミッテン府中店」がそれぞれオープンする予定。

 ※緊急事態宣言の状況により、オープン日が変わる可能性がある。

【関連記事】
Reproが「洋服の青山」のOMO推進パートナーに アプリ・ウェブのマーケティング支援を開始
SupershipとKDDI、効率的なストアマーケティングを支援するOMOソリューションを提供開始
ロケーションバリュー、ユーザーを軸とした一気通貫のOMOマーケティングソリューションを提供
CCCマーケティング、DNPと連携 T会員基盤を用いたOMOダイレクトマーケティングサービスを開始
楽天、実店舗のデジタル化やOMO施策導入などを支援する新会社「楽天DXソリューション」を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング