SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Zoom、バーチャル体験用プラットフォーム「Zoom Events」を発表。今夏リリース予定

 5月20日(米国カリフォルニア州サンノゼ発)、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズは、インタラクティブで魅力的なバーチャル体験機能を備えたオールインワンプラットフォーム「Zoom Events」を発表した。

 同プラットフォームは、今夏リリース予定で、「Zoom Meetings」「Chat」「Video Webinar」を、イベント主催者向けの包括的なソリューションに統合したもの。規模を問わず、社内外のオーディエンスを対象にしたチケット制ライブイベントをプロデュースする機能を備えている。

 Zoom Eventsを利用して可能になることはたとえば次のものがあげられる。

  • イベントハブを構築して、簡単にイベントを管理、共有
  • チケットの発行と登録をカスタマイズ
  • アクセスと請求を1ポータルから制御
  • 無料、有料、1回限り、連続など、各種イベントを主催
  • 出席、登録、収益など、イベント関連の統計情報を追跡

 同プラットフォームを使用することで、全員参加の会議や営業サミットなどの社内イベントやユーザー会議などの外部イベントをシームレスに管理して主催が可能となる。

 また、有料ライブイベント開催支援ツール「OnZoom」を使用してきた小規模な企業や起業家は、フィットネスや料理クラス、映画上映などのイベントを作成して主催し、収益を得ることができる。

 なお「OnZoom」は、ブランド変更してZoom Eventsに組み込まれることになる。また、Zoom Eventsを、Zoom MeetingまたはVideo Webinarのライセンスを使用して、既存の有料Zoomと併用することが可能だ。

【関連記事】
Eight上でイベント探し~申込み、視聴までを完結 「Eight ONAIR」が5/17から提供開始
CA、3DCG・XRを使ったイベントテックサービス「FUTURE EVENT Basics」を開始
イベント中止経験者のうち、6割以上がオンラインでの開催を希望【ネットプロテクションズ調べ】
xpd、BtoBイベント特化型コミュニケーションパッケージを提供 集客から制作まで一括で支援
リアル・バーチャルを自在に組み合わせ 博報堂プロダクツが「ハイブリッドイベント専門チーム」を発足

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/05/21 10:05 https://markezine.jp/article/detail/36372

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング