SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

BAKE、コーポレート・アイデンティティを一新

 BAKEは、7月1日からコーポレートアイデンティティ(CI)を一新した。ミッション・ビジョン・バリュー、およびコーポレートロゴやWEBサイトを含むビジュアルアイデンティティ(VI)を改定し、企業として次なるステージを目指す。

 同社は2013年4月創業。「お菓子を、進化させる」というステイトメントのもと、1ブランド=1プロダクトの専門店業態を軸に、スイーツブランドを立ち上げ、2021年6月時点で、国内外に9ブランドを展開している。

 近年の時代背景や事業環境の変化、経営体制刷新を受け、組織やコーポレートブランディングの強化を図り、BAKEが社会の中で在りたい姿や想いを新CIとして明文化した。

新CI

 新ミッションは「しあわせに、BAKE(バケ)る。」

 企業活動や社員ひとりひとりの行動は、「しあわせに、BAKE(バケ)る。」ことができるという、お菓子の可能性を信じ、その未来を自分たちが創っていこうという意志を表している。

 新ビジョンは「お菓子を、進化させる」

 新ビジョンには、創業初期のミッションステイトメントであった「お菓子を、進化させる」が掲げられた。同社の強みであるお菓子を取りまく様々なプロセスを掘り下げ、あらゆる視点からお菓子そのものの美味しさと体験を進化させていきたいという想いが込められている。

 新バリューは3つの言葉に集約

 今まで7つあったバリューはシンプルにわかりやすく3つの言葉「想うことから始める/かっこよく、遊びをしくむ/まず自分でやる」にまとめられた。BAKEらしさを主体的に考え、表現する組織を目指す。

新VI

 新しいコーポレートロゴ

 BAKEの商品やブランド、社員を支える存在として「強固な骨組み」をイメージするとともに、人間的でBAKEらしい“尖り”を持ち続ける姿勢を表現している。

 新コーポレートカラー

 「プライマリーカラー:ブラック+ベージュ」は判読性を最重視し、骨太さとソリッドさをイメージ。「セカンダリーカラー:レッド・グリーン・ブルー」は光の三原色であるRGB(赤・緑・青)をベースとし、社員それぞれの個性をイメージ。それぞれの個性(三原色)が混ざり合うことで無限の色ができていく会社でありたいという想いが込められている。

 サポートエレメント

 BAKEが大切にしていく新しい3つのバリューを、三角形をベースに表現。三角形(3つのバリュー)が合わさり、強固な構造体となることで様々な形へと派生し、無限に展開が広がっていく「TRANSFORMする=BAKE(バケ)る」イメージを表している。

 また新しいCIをもとに、約5年ぶりにコーポレートサイトも全面リニューアルされた。サポートエレメントをベースに、“遊びをしくんだ”躍動感あふれるサイトとなっている。

【関連記事】
グノシー、アプリをリニューアル ロゴも多種多様な情報提供を象徴するアイコンへ変更
ホットリンク、コーポレートのロゴデザインをリニューアル
Criteo、リブランディングにより新しいロゴとタグラインを発表
エンバーポイントが製品ロゴをリニューアル 顧客接点のラストワンマイルを総合的に支援する会社へ
フラー、スマホアプリ分析サービス「App Ape」をリニューアル データ精度・提供アプリ数などが向上

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/02 13:30 https://markezine.jp/article/detail/36707

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング