SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ぐるなび、混雑状況と予約情報を掛け合わせたデータの提供へ 飲食店の「三密回避」と「集客向上」を支援

 ぐるなびは、凸版印刷、オプティムと協力し、飲食店の三密回避や集客向上を支援する新たなプロジェクトを2021年7月6日(火)より始動する。

 同プロジェクトは、東京都が推進する「東京データプラットフォーム ケーススタディ事業」の一環だ。

 ぐるなびがオプティムの「OPTiM AI Camera」を使って飲食店の混雑状況をリアルタイムに発信するサービス「飲食店LIVEカメラ」をはじめ、凸版印刷が提供する施設の混雑状況を表示するサービス「nomachi(ノマチ)」などを活用し、飲食店の混雑状況や予約情報を掛け合わせたデータをプラットフォームに提供する。

 同プロジェクトでは、データを特定のサービスだけでなく、飲食店やあらゆるメディアなどが活用できるオープンなデータとして提供。これにより、飲食店による空席状況の情報発信やクーポンの配布を促進し、三密回避や集客向上を支援する。

 ぐるなびは今後、東京都と連携して同プロジェクトを進行し、2021年7月から12月まで約半年に渡り実施予定。東京都内の飲食店約50店舗において実証実験を行っていく。

【関連記事】
ぐるなび、ゴーストキッチンの実証実験を開始 全国での展開を検討
Instagram、予約機能でヒトサラと連携。ぐるなび、TABLE REQUESTに続き3社目
ぐるなび、モバイルオーダーシステムを先行リリース 注文から会計までスマホで完了
屋外広告の宣伝効果を向上!村田製作所、交通量を見える化するデータ提供サービスをインドネシアで開始
バカン、新出光に空き情報配信サービス「VACAN」を提供 洗車場の混雑状況をリアルタイムに可視化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/06 17:00 https://markezine.jp/article/detail/36724

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング