SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

各国で最も人気が高いゲームジャンルは「パズルゲーム」【TikTok For Business調査】

 TikTok For Businessが展開しているモバイル広告プラットフォームPangleは、ゲーム市場のインサイトと分析を行うNewzooと共同制作した最新レポートを公開した。

モバイルパズルゲームの売り上げTOPは米国

 2020年、モバイル市場におけるパズルゲームの売り上げは69億ドルとなった。これは広告収益を除いた消費者支出のみで、モバイルゲーム市場全体の収益869億ドルのうち8%を占める。

 まずそのモバイルパズルゲームの各国のシェアを調査した。結果、米国のシェア(20億ドル)が最も多く、次いで日本(12億ドル)、中国(9億ドル)と続いており、3ヵ国だけで全体の収益の半分以上を占めている。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

 モバイルパズルゲームはSNSとの親和性に優れ、エンゲージメントが高いのが特徴だ。これに実績のあるユーザー獲得および定着戦略を併用することで継続率が高まる。これは、アジアも欧米も同じ傾向にあると指摘した。

 特にアプリ内購入と、アプリ内広告およびサブスクリプションを組み合わせた、ハイブリッド収益化モデルを採用するパズルゲームが増加している。

各国で最も人気が高いゲームジャンルは「パズルゲーム」

 次に過去6ヵ月間にプレイしたゲームのジャンルについて調査した。結果パズルゲームが米国、イギリス、日本、韓国のすべてで1位となった。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

 2020年にiOSおよびGoogle Playで高い収益を上げたゲームのランキングを見ると、欧米(米国、イギリス)では多くのパズルゲームが収益のトップ50に入っていた。一方で韓国や日本では多くのロールプレイングゲームが高い収益を上げていることがわかった。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

 各市場のトップ50に入ったパズルゲームでは、イギリス、米国、韓国では、ほとんどが欧米のパブリッシャーのゲームで占められているが、日本市場では日本の企業が開発したゲームが好まれる傾向があった。

出典:「パズルゲーム:欧米とアジア市場の比較」

【関連記事】
TikTokが「ミレニアル世代白書」を発表/6割以上は「スマホがないと生きていけない」
TikTok、ライブ配信機能に複数の新規機能を拡充 ライブ配信の管理・コミュニティの安全性を強化
TikTok For Business、ネイティブ広告フォーマット「Spark Ads」をリリース
TikTok、ブランドリフト調査サービスを提供開始 Kantarと連携し透明性の高い広告効果の検証へ
約5割が「1分以上の動画はストレス」と回答【TikTok For Business調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/25 15:30 https://markezine.jp/article/detail/37100

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング