SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

FCNTと早稲田大学が共同研究 SNS上の活動データに基づく“ペルソナ候補”の特定技術に着目

 FCNTと早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部 鷲崎研究室は、2021年9月6日(月)~8日(水)に開催される「ソフトウェア・エンジニアリングシンポジウム SES2021」において、SNSユーザーの活動データに関する共同研究論文を発表した。

 FCNTは、シニア世代の会員同士が共通の趣味や話題を通じて交流できるSNS「らくらくコミュニティ」を運営する企業。一方の鷲崎研究室は、産学官連携を通じてスマートシステムおよびソフトウェアエンジニアリングの研究・教育・実践・社会実装を推進している。

 今回両者が発表したのは、「SNS上の活動データにおけるペルソナ候補の特定に基づくサービスやコンテンツの企画および推薦に向けて」と題した共同研究論文だ。同研究ではペルソナの基礎となる「ユーザーのまとまり」を特定する技術に着目。SNS上のデータからユーザーのまとまりを特定し、サービスやコンテンツの企画および推薦を支援する枠組みを提案した。

 今後、両者はらくらくコミュニティ上で実証確認を行い、特定のユーザー群に対し、その特徴に応じた推薦の仕組みを実現していく。

【関連記事】
ヤフー、セグメントの特徴から多面的なペルソナを可視化する「DS.INSIGHT Persona」提供
位置情報ビッグデータ分析ツールLOGIO、ペルソナ分析サービスを開始 行動パターンなどの違いを可視化
エイベックス・エンタテインメント、App Apeを導入 ニーズを分析し、ペルソナ設定・広告などに活用
ロイヤリティ マーケティング、ペルソナマーケティング支援サービス「PERSONA+」を提供
早稲田大学と民間企業らがデータマーケティング研究会「NDMA」を共同設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/06 18:00 https://markezine.jp/article/detail/37230

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング