SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

YouTubeとイーライセンス、KREVA、倖田來未らの楽曲の利用許諾契約を締結

 イーライセンスは、民間初の著作権管理事業者として2000年に設立。浜崎あゆみ、大塚 愛、KREVA、倖田來未ら人気アーティストの楽曲の著作権管理を行っている。イーライセンスとYouTubeは、管理著作物の利用許諾について折衝を続け、5月20日、利用許諾契約の締結を発表。利用許諾契約締結後の企画第一弾として、YouTubeで「KREVA公式チャンネル」を展開している。

 今回の許諾は、イーライセンスが管理するすべての管理著作物(17,800曲)を対象としたもので、映像の著作権や著作隣接権は対象に含まれない。この許諾により、YouTubeの一般ユーザーも、管理楽曲を演奏・録画し、YouTube上で公開することが可能になる。イーライセンスの管理楽曲は、同社ウェブサイト(http://www.elicense.co.jp)で検索することができる。

【関連リンク】
ネット配信時代の音楽著作権管理会社JRCが、YouTubeと著作権の利用許諾契約を締結
動画共有サイトを最も利用しているのは10代、人気トップは「YouTube」57.4%、2位「ニコニコ動画」は12.9%
YouTube&ニコ動で1000000回再生!耳コピ演奏の達人「スタインウェイの人」松澤健さんインタビュー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング