SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

イベントレポート

BtoBマーケ&セールスのDXはなぜ進まないのか?パナソニック山口氏×シンフォニー庭山氏が白熱討論

セールスフォース・ドットコムは、2021年9月9~10日にオンラインイベント「Connections to You」を開催した。本記事では、その中から「徹底討論!日本のマーケティング & セールス DX を阻むもの」と題されたセッションの内容をレポートする。ゲストとして登場したのは、シンフォニーマーケティングの庭山一郎氏とパナソニックの山口有希子氏、モデレーターを務めたのはセールスフォース・ドットコム 取締役副社長の古森茂幹氏だ。BtoBマーケティング業界の現状と問題点、さらには今後生き残りをかけて企業が取り組むべき課題まで、非常に白熱した議論が繰り広げられた。

コロナ禍を受けてBtoB業界に起きている変化

セッションは、シンフォニーマーケティング 庭山氏の「私の肌感覚では、欧米よりも10~15年遅れている。本当に危機的な状況です」という現状を捉えたコメントから始まった。マーケティング部門だけではDXは進まない、という大前提を確認した上で、討論は「コロナ禍で起きた変化」へ。遅れている日本のDXを急加速させているのが、コロナ禍による影響だという。

古森:非常に遅れをとっている日本企業のDXですが、このコロナ禍でマーケティング、セールスの在り方はどのように変わったとお感じになられていますか?

(左)シンフォニーマーケティング株式会社 代表取締役 庭山一郎氏(中央)パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 常務 エンタープライズマーケティング本部 本部長 山口有希子氏(右)株式会社セールスフォース・ドットコム 取締役副社長 古森茂幹氏
(左)シンフォニーマーケティング株式会社 代表取締役 庭山一郎氏
(中央)パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 常務 エンタープライズマーケティング本部 本部長 山口有希子氏
(右)株式会社セールスフォース・ドットコム 取締役副社長 古森茂幹氏

山口:みなさん前々からDXには取り組まれてきたと思いますが、コロナはこれを明らかに加速させていると感じています。いかに早くデジタル化を進めて、お客様との接点を確保するかが、ある意味企業課題になっている状況です。

 しかし、そのためには、カスタマージャーニーやコンテンツマーケティングを踏まえて、今セルフラーニングしているお客様にどうタッチするかを考えなければいけない。さらにそのためには、データを使う必要がある……という風に、DXに関するニーズがアクセラレートしている。いかに早くPDCAを回して、これにチャレンジできるかが今企業に課されているひとつの課題であると感じています。

庭山:私は会社を作って31年、日本のBtoBマーケティング業界で35~36年のキャリアがありますが、今まで経験したことのない追い風が吹いています。コロナウイルスによって苦しまれている方もたくさんいらっしゃいますが、ことBtoBマーケティングの普及だけにフォーカスすると、暴風の追い風なんです。

 日本ではリーマンショック後から本格的にBtoBマーケティングへの取り組みが始まりましたが、極端なことを言うと、私は日本のBtoBマーケティングは一度死んだと思っています。マーケティング部門を作りました、ツールも導入しました、なのに全然売り上げに貢献できません、営業からも販売代理店からも評価してもらえません……というような感じで、瀕死の状態にあるマーケティング部門が非常に多かった

 ところが、コロナ禍でお客さんに電話もできない、訪問もできない状況になると、今までマーケティング部門に頼ったこともない営業さんたちが、「どうにか空中戦で助けてくれないか?」とマーケティング部門に期待を寄せるようになった。起死回生の逆転満塁ホームラン、このチャンスを活かさない手はないというくらいの追い風がビュービュー吹いている状況であると解釈しています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
DXを阻む原因は「経営層のリーダーシップ」にある

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/27 08:00 https://markezine.jp/article/detail/37265

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング