SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スイッチ・メディア・ラボ、「スイッチメディア」に社名変更 ロゴデザインもリニューアル

 スイッチ・メディア・ラボは2021年10月1日付で「スイッチメディア」に社名変更した。またコーポレートロゴのデザインもリニューアルした。

 同社は会社設立から10期目に突入し、業界に対する新しい取り組みの実験段階は終了したと判断。それにともない、会社名から「実験室」を意味する「ラボ」を外し今回の社名変更に至った。

 スイッチメディアはテレビ視聴パネルから独自に収集したテレビ視聴データを保有していることを強みとし、クラウド型のCM出稿分析サービス「SMART」を提供するテレビCM領域のテクノロジー・カンパニーだ。2020年6月にはタイムCMの番組組み合わせの最適化をWebプロダクト上で簡易に行える拡張機能タイムCMリーチオプティマイザー(TRO)をリリースしている。

【関連記事】
スイッチ・メディア・ラボ、放送局ごとのスポットCM予算の配分を最適化するクラウド型サービスを開始
インテージとスイッチ・メディア・ラボが業務提携 テレビCMの出稿支援ソリューションを共同開発へ
スイッチ・メディア・ラボ、スポットテレビCMのリーチを最適化するサービスをリリース
テレビ視聴ログを基に番組視聴者にアンケート調査を実施 スイッチ・メディア・ラボがサービスを開始
テレビ視聴時間の伸び率が最も大きいのは20~24歳/スイッチ・メディア・ラボ、コロナの影響を調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/05 14:45 https://markezine.jp/article/detail/37441

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング