SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、DM発送ソリューションを共同開発 位置情報ビッグデータを活用しDMの効果最大化を実現

 電通デジタルは、日本郵政グループのJPメディアダイレクト、米国のマーケティングテクノロジー企業であるGroundTruthと共同で、DM(ダイレクトメール)発送ソリューション「Core Targeting DM(コア・ターゲティング・ディーエム)」を開発した。今後、大都市圏を中心にテストマーケティングを進め、2021年内に全国で提供を開始する予定だ。

 同ソリューションは、まず電通デジタルがターゲット設計からリード獲得までのプランニングを設計する。次にJPメディアダイレクトが保有する全国のジオデモグラフィック(地理・統計)情報に、GroundTruthの移動位置情報データを活用。実際の自社・競合店舗の来訪履歴データを組み合わせ、有望見込み顧客を抽出した「重点DMエリア」として商圏マップ上に可視化する。加えてDM制作と日本郵便による配達までを一気通貫でサポートしていく。

 これにより企業は、商圏内において確度の高いターゲットに対し、重点的なDM発送を実施できる。また商圏外から自店舗に来店する顧客など、これまでターゲティング対象ではなかった顧客へのリーチも可能となり、高水準かつ幅広い層へのアプローチができる。

【関連記事】
ユーザーの投稿画像にAIが絶妙にボケる、電通デジタルとオモロキ「bokete camera」共同開発
電通デジタル、「Instagramマーケティング ワンストップ支援パッケージ」の提供を開始
アドインテ、電通デジタル、電通テック3社、リテールDX専門チーム「Retail-Xing」を結成
AnyMind Groupと電通デジタル、物流領域運用とSNS施策によるEC事業の統合的な支援を開始
電通と電通デジタル、DX推進における企業組織の課題を可視化するサービスを開始 推進意識の醸成を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/08 16:30 https://markezine.jp/article/detail/37724

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング