SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

半数以上の高校生が「毎日スマホゲームで遊ぶ」/男女別でプレイするシーンに違い【LINEリサーチ調べ】

 LINEリサーチは、高校生のスマホゲーム事情について調査を行った。

毎日スマホゲームで遊ぶ高校生は半数以上

 高校生にスマホゲームで遊ぶ頻度を聞いたところ、全体では「毎日」ゲームをしている高校生が半数以上だった。

 男子高生では「毎日」の割合が65%と、女子高生の45%と比べて高い割合を示した。一方「スマホゲームは、まったくしない」という割合は全体の16%で、そのうち女子高生は約2割、男子高生は約1割と、女子高生の方がスマホゲームをしない割合は高かった

女子高生は勉強の合間や就寝前に、男子高生は友人らとプレイ

 普段スマホゲームをする高校生に、スマホゲームで遊ぶシーンを聞いたところ、全体トップは「暇なとき/何もすることがないとき」だった。

 2位は「家でくつろいでいるときに」が7割弱で、3位以降は「待ち時間に」「勉強の休憩中/合間に」といった“スキマ時間”や「寝る前、ベッドやふとんなどの中で」が続いた。

 男女別に見ると、女子高生は「勉強の休憩中/合間に」「寝る前、ベッドやふとんなどの中で」が男子高生よりも高い割合を示したのに対し、男子高生では「学校の昼休み/休み時間に」「友だちといるとき」が、女子高生よりも高い割合を占めた。

スマホゲーム選びで重視するのは「無料で楽しめるかどうか」

 普段スマホゲームで遊ぶ高校生に「スマホゲームを選ぶときに重視していること」を聞きいたところ、全体1位は「無料で楽しめる」で約7割を占めた。

 2位以降は「飽きずに長く楽しめる」「遊びごたえがある」「キャラクターが好き」といった、ゲームの楽しさやキャラクターに関する項目が4割超で続いた。

 男女別の結果は2位以降に違いが見られ、女子高生は「キャラクターが好き」「絵がきれい」などが上位へランクイン。一方の男子高生では「長い時間遊んでいられる」や「通信対戦できる」が女子高生のランキングよりも上位に入った。

ハマっているスマホゲーム、全体TOPは「ツムツム」

 普段スマホゲームで遊ぶ高校生に、2021年9月時点のApp StoreやGoogle Playストアのランキング上位タイトルを中心にピックアップしたスマホゲームの中から「いまハマっているスマホゲーム」を選んでもらったところ、全体TOPは「LINE:ディズニー ツムツム」だった。

 2位は男女ともに「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」がランクイン。3位以降には「パズル&ドラゴンズ」「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」「モンスターストライク」が続いた。

【調査概要】
手法:LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
対象:日本全国の高校1年生~3年生の男女
期間:2021年9月29日(水)~2021年9月30日(木)
有効回収数:1,046
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならない場合や、同じパーセンテージでも見え方が異なる場合がある

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/10 15:00 https://markezine.jp/article/detail/37742

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング