SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

東西のZ世代を比較/幸福度が最も高いエリアは神戸市、東京都は10位【日本インフォメーション調査】

 日本インフォメーションと大広は「関東関西のZ世代に関する調査」を共同で実施した。

幸福度の平均値が最も高いエリアは神戸市

 「あなたは幸せですか」という質問に100点満点の点数で回答を求め、その平均値を東西で比較したところ、東京よりも関西の方が高い点数を示した。

 さらに関西エリアの単位を細分化し、各都道府県内のエリア別で平均点を比較したところ、1位が兵庫県神戸市、2位が大阪府泉州エリア、3位が大阪府大阪市という結果になった。

 ※その他のエリア(滋賀県、和歌山県など)はサンプル数不足のため分析対象外

可処分金額順ランキングの上位に幸福度トップ3エリアは入らず

 「あなたが、生活費(家賃や光熱費などの固定費)以外に自由に使えるお金はいくらですか」という質問に対して金額の入力を求め、その平均金額をエリア別に比較した結果、幸福度トップ3のエリアはいずれも上位にランクインしなかった。

Instagramの利用目的が多様な関西女子

 Instagramの利用目的について、エリアおよび男女別で訊ねたところ、関西女子は「自ら投稿するため」「友人の投稿を見るため」「情報収集のため」など、利用目的が多様でいずれのスコアでも関東女子を上回った。一方、関西男子はいずれの利用目的においてもスコアが低く、関西における男女差が顕著に見られた。

 エリアを細分化してInstagramの利用目的を比較した結果、神戸市では「自ら投稿するため」というスコアが高いのに対し、大阪泉州エリアでは「SNS上の友人と会話するため」というスコアが高く、エリアによって利用目的の傾向が異なる結果となった。

【調査概要】
手法:Web調査
エリア:関東(東京都)、関西(近畿2府4県)
対象:高校生、大学生
サンプルサイズ:1,500
時期:2021年9月

【関連記事】
2021年4~9月、Instagramトレンドのグルメ部門1位は「#チーズ」【パスチャー調査】
脱炭素への関心度合いは約6割/「ポイント付与」や「貢献度合いの明示」が行動喚起に【博報堂調査】
若年層ほどCTVの利用が多い/若年層は複数人で視聴する共視聴が増加【ニールセン調査】
Z世代のYouTubeショート/Instagramリール利用率は6割超【サムライト調査】
Z世代はネット上の他人のおすすめを重視/ミレニアル世代は納得を重視【ネオマーケティング調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/15 16:00 https://markezine.jp/article/detail/37781

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング