SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

花王、Salesforce Consumer Goods Cloudを導入 店頭体験の向上を推進

 花王は、店頭施策変革に向けたデジタルトランスフォーメーションを推進するため、セールスフォース・ドットコムのSalesforce Consumer Goods Cloud(以下、Consumer Goods Cloud)を採用し、2021年9月に本格稼働を開始した。

 同社の販売会社である、花王グループカスタマーマーケティングでは、2019年より店頭施策の変革による生産性の向上を目的に、店頭における業務内容の見直しや効率化、依頼業務の効率化、商談のペーパーレス化、報告業務の負担軽減など、フィールド業務全般の効率化を段階的に進めてきた。

 こうした取り組みの中で、フィールド業務の各システムを統合して同業務全般で使える統一したプラットフォームを構築するため、標準機能の他、ビジネスの変化に柔軟に対応できる拡張性を備えるシステムが求められていた。そこで、Consumer Goods Cloudの導入を通じて、花王は店頭業務のプロセスを改善・高度化することで業務のシンプル化と標準化を実現。また、消費者の店舗体験の向上と小売りチャネルパートナーとの関係強化を推進していく。

【関連記事】
コーセーと花王が協働 化粧品事業のサステナビリティ領域で環境保全や啓発活動に取り組む
花王グループカスタマーマーケティングら3社、AIによる自動棚割りアルゴリズムを共同開発
花王、日立のAIと数理最適化技術を活用し店頭支援巡回計画を自動化 売場づくりを強化
旭酒造がSalesforceを導入 顧客属性に基づくコミュニケーションで関係性を強化/ファン化を促進
セールスフォース、「Salesforce Health Cloud」でヘルスケア業界のCX向上支援へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/09 18:15 https://markezine.jp/article/detail/37937

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング