SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

カタリナとWEDが業務提携 レシートデータを活用した新サービスを開発し購買データを最大化

 カタリナ マーケティング ジャパン(以下、カタリナ)は、レシート買取アプリ「ONE」を提供する、WEDとの協業をした。

 カタリナは、大手スーパーマーケットやドラッグストアなど全国6,300店以上のリテーラーと提携し、ID-POSデータを用いて消費者の嗜好性やニーズ、購買動向をリアルタイムで分析。来店・実購買までつながる一気通貫したマーケティング支援を提供している。

 一方ONEが収集するレシートデータは、地域も店舗の縛りもなく「ユーザーが買い物したすべてのレシート画像とデータ」が対象。大手チェーンから小売り商店の、購買関連データから位置情報、時間帯などの行動履歴といった、個人情報以外のすべての買い物情報が含まれる。

 協業により、両社はそれぞれが提供するサービスやソリューションを活用し、レシートデータ活用ソリューションの開発、およびサービス展開・販売に関わる協力体制を構築。新たなビジネス拡大を目指す。具体的には、次世代に向けたIDレシートデータ活用の新サービスや、リアル購買データに基づくリテールDXの提供などのプロダクトを開発。OMOの優位性につながる購買データの収益化、最大化を目指す。

【関連記事】
カタリナ マーケティングと東芝テックが業務提携 メーカー・小売店向けのソリューション開発・提供へ
通常のレジオペだけで商品サンプリングが実施可能に カタリナ マーケティングが新ソリューションを開始 
カタリナ、クーポンコンテンツをLINEクーポンで提供へ 実店舗購買履歴に基づくパーソナライズも視野に
AIQとWEDが業務提携、SNS分析データとレシート購買データによるユーザーインサイトの可視化へ
インテージとWED、オフラインデータから生活者の実態把握を行う研究・開発において業務提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/23 10:15 https://markezine.jp/article/detail/37950

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング