SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エリアデータ×モビリティデータを一括連携、リアルタイムに情報を提供する「Oh MY Map!」

 12月15日、大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会(以下、大丸有協議会)は、大丸有(大手町・丸の内・有楽町)エリアの就業者・来街者に向けてエリアのイベント情報やモビリティ情報を一括して提供するアプリ「Oh MY Map!」をリリースした。

 同アプリは、大丸有スマートシティの取り組みで構築を進める大丸有版都市OSとMaaSデータ統合基盤を連携・統合することで、施設情報やイベント情報、地下鉄や、2022年初頭に実証走行予定の自動運転バスをはじめとする交通の運行情報、電動キックボードや自転車のシェアステーション情報をMap上で閲覧できるようにしたもの。

 これらの情報をユーザーに提供することで、エリア内の回遊性向上や都市活動・滞在を促進する。また、評価・分析ダッシュボードの構築を通じて交通やエリアサービスの利用実態を把握・分析し、今後のエリアマネジメント活動に活用する。

 同取り組みでは、大丸有協議会が全体統括を担当し、MaaS Tech JapanがMaaSデータ統合基盤および評価・分析ダッシュボードの提供とWeb版サービスの開発を担当。NTTデータが大丸有版都市OSへの機能追加とアプリ開発を担当した。

【関連記事】
NTTドコモ、アドビ、沖縄ICカード等10社、沖縄版MaaSの実現に向けデータプラットフォームを構築
JALとJR東日本がMaaS領域で連携、旅行中の移動や観光をシームレスに
JALとUber、戦略的パートナーシップ契約締結 Maas領域の強化へ
東京メトロと東京都交通局、共同で「駅構内ナビゲーション機能」を提供 大都市型MaaS実現へ一歩
ゼンリン、長崎市にて観光型MaaSの実証実験を開始 観光情報と公共交通サービスをデジタル化し提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/16 16:30 https://markezine.jp/article/detail/37986

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング