SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ライブ配信が マーケチャネルの新スタンダードに~Twitchを徹底解説~(AD)

【日本の総人口の60%以上がゲーマー】「オタク」のイメージはもう古い!全マーケターが知るべきその実態

Twitchが満たす「人と繋がる」というニーズ

――Twitchには、どのくらいの規模感のコミュニティが広がっているのでしょうか。

 現在平均して250万人以上の人々が、常に世界の様々な場所からTwitchを利用しています。その250万人が、多種多様なコンテンツとクリエイターで構成されているコミュニティの中で、リアルタイムかつインタラクティブな繋がりを楽しんでいます。Twitchのコミュニティは、ストリーマーの「パーソナリティ」を大事にしており、一つひとつのコミュニティが非常にユニークであるという点が特徴的です。

――オンライン上のコミュニティで「繋がり」はどのように作用するのでしょうか?

 Twitchは現実の集まりに似た環境を作り出すので、Twitchで形成されるコミュニティはオフラインのコミュニティと同様な影響力を持ちます。また、視聴者と配信者とのエンゲージメントが高く、コミュニティの熱が高いことも特徴的です。たとえばTwitchでは、ゲーム仲間と繋がったり、友だちと時間を共有したり、中にはリラックスするためにゲームストリーミングを楽しんでいるユーザーもいます。Twitchは、パンデミックの渦中にも、社会的距離の取り方が変わったニューノーマルの時代にも、「人と繋がる」というニーズに応えているのです。

押さえておきたい5タイプのゲーマー

 ゲーマー、ゲームストリーミングを楽しむ人々と一口に言いましたが、その実態は様々です。Twitchでは、ゲーマーを大きく次の5つに分類しています。

1.クリエイター:オンラインコミュニティのために、安全で思いやりのあるクリエイティブなチャンネルを自ら作ることに喜びを感じている人たち。パズルゲームや革新的な建築ゲーム、介護をテーマにしたゲームなどを好む。

2.ストラテジスト:ゲーム仲間やDJ、アーティストを観察して、ゲームをクリアするための方法を学ぶ人たち。ロールプレイングゲームやタクティクスゲームなどを好む。

3.競技者:ゲームに勝つことに喜びを感じている人たち。Twitchで仲間と競い合い、腕を磨いている。シューティングゲームやスポーツシミュレーションゲームなどを好む。

4.エンターテイナー:最新のゲームやファッションのトレンドを発信している人たち。モバイルゲーム、ARゲーム、ホラーゲーム、バトルロワイヤルゲームなどを好む。

5.ソーシャライツ:ファンとの繋がりを大切にしている人たち。格闘、バトルロワイヤルゲームなどハイエナジーなゲームを好む。

次のページ
Z世代・ミレニアル世代へのリーチに効果的

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
ライブ配信が マーケチャネルの新スタンダードに~Twitchを徹底解説~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/23 17:35 https://markezine.jp/article/detail/38057

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング