SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オトナル、ポッドキャスト番組間のリスナー増加を可視化するサービスを提供開始

 オトナルは、ポッドキャスト間のリスナー送客を定量的に可視化するトラッキングサービス「Podcast Tracking」の提供を開始した。

 同サービスは特定のポッドキャスト番組を聴いたリスナーが、自社の番組を再生およびエピソードをダウンロードしたかどうかを計測することができる。これにより企業は、自社ポッドキャストのリスナーを増やすための導線施策を定量的に分析し、最適なリスナー増加施策の検討・改善ができる。

 ポッドキャストにおける広告手法は、「事前挿入型広告(Edited-In/Baked-in Ads)」と、「インストリーム広告(Dynamic Ad Insertion)」の2つに分類される。「Podcast Tracking」では、いずれの広告手法の場合もトラッキング可能だ。

事前挿入型広告(Edited-In/Baked-in Ads)

 収録時や音源編集時に音声エピソード内に、広告音源をミキシングしたり、語り手が広告を読み上げる紹介パートを設ける広告方法。ラジオCMでも行われてきた手法であり、原則どのポッドキャスト番組でも行うことができる。

インストリーム広告(Dynamic Ad Insertion)

 ポッドキャスト音源に対して、アドサーバーから配信を行う広告挿入手法。システムを通じて動的に音声広告挿入を行うため、配信する音声CMの種類を一定周期で差し替えたり広告出稿費用が配信数に応じて課金される・ターゲティングを実施できるといった特徴がある。配信の仕組みに対応した一部のラジオ局や新聞社のポッドキャストにて実施可能。

 「Podcast Tracking」を活用することで、ポッドキャスト広告の出稿時に自社の番組へのリスナー送り込み効果を計測することが可能なため、例えば次のような運用や最適化が実現する。

 番組ごとの効果検証:外部ポッドキャスト番組ごとのリスナー送り込み効果を比較することで、自社の番組のリスナーを増やすために、最も相性の良いポッドキャスト番組を見つけることができる。

 音声クリエイティブの効果検証:外部ポッドキャスト広告上で訴求する番組紹介のメッセージや音声CMを定期的に変更し、その期間における集客のパフォーマンスを測ることで、もっとも効果のある訴求メッセージ・音声CMの発見やその改善に役立つ。

 ポッドキャストは、Apple PodcastやAmazon Music、Google Podcasts、Spotifyなどの複数プラットフォームへ同時に音声配信を行えることが特徴だ。一方、ポッドキャストは配信の仕組みである「RSSフィード」の技術的な性質上、配信者が得られるデータが限定的であり、たとえば外部のポッドキャストで紹介または告知されたことで自社のポッドキャストリスナーが増加していても、それを分析することが難しいという課題があった。そこで、同社は「Podcast Tracking」を提供するに至った。

【関連記事】
ビデオポッドキャスト形式で配信 Spotifyが新番組「EDUCAST 熱中大学」をスタート
オトナル、企業向けのポッドキャスト配信システムを提供開始 アドサーバーから番組への広告挿入も可能
オトナルと米国Podsightsが提携 ポッドキャスト内広告や企業ポッドキャストの効果を計測可能に
オトナル、音声アドネットワーク「ポッドキャストオーディオアド」の提供を開始
朝日新聞、ポッドキャストを「Spotify」など4媒体で配信 記事に書ききれない話を記者の声で伝える

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/06 17:00 https://markezine.jp/article/detail/38091

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング