SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

表参道の屋外広告枠をNFT化 電通ら4社がブロックチェーン技術を活用した広告販売の実証実験へ

 Bridges、CoinPost、LIVE BOARD、電通ら4社は、ブロックチェーン技術を活用して屋外広告枠を販売する実証実験を実施する。

 BridgesはNFTやDeFiを活用したプロダクトを開発する企業で、CoinPostは仮想通貨メディア「CoinPost」を運営する企業。NTTドコモと電通グループの共同出資企業であるLIVE BOARDはOOHアドネットワークオペレーターで、電通は広告主のマーケティング支援事業を展開する企業だ。

 同実験では、広告用NFTマーケットプレイス「Kaleido(カレイド)」を利用。2022年1月17日(月)から2022年1月23日(日)までの7日間、表参道にある「青山ストリートビルボード」の屋外広告枠を販売する。

 販売ページでは、広告を表示したい企業や個人などから応募(入札)を受け付け。仮想通貨「MATIC」と掲載したい広告内容をアップロードした企業および個人を審査し、掲載画像/動画を決定する。

【関連記事】
屋外広告の新宿3D猫はどのような人が見ているのか?【クロスロケーションズ調査】
屋外広告の宣伝効果を向上!村田製作所、交通量を見える化するデータ提供サービスをインドネシアで開始
大阪メトロ アドエラ、DOOHのプログラマティック配信においてCPMベースの広告メニューを提供開始
TOKYO FMとメトロアドエージェンシー、OOH連動のオーディオドラマを東京メトロの2駅で限定配信
GENIEE DOOHがBypassと連携 BypassからのDOOH広告枠の買い付けが可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/18 17:30 https://markezine.jp/article/detail/38148

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング