SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ジーニー、パーパスを新たに設定 新ブランドの立ち上げやプロダクト名・ロゴの刷新でサービス体系を整理

 広告プラットフォーム事業やマーケティングSaaS事業を展開するジーニーはパーパスを新たに設定。それにともない新ブランドを立ち上げ、プロダクト名とロゴを刷新した。

 今回同社は2つのパーパスを設定。組織の長期目標・存在意義を示す「Corporate Purpose」として「日本発の世界的なテクノロジー企業となり、日本とアジアに貢献する」を掲げ、プロダクトやサービスが実現する世界観を示す「Business Purpose」として「誰もがマーケティングで成功できる世界を創る」を掲げた。

マーケティングSaaS事業に関連するブランド変更(プロダクト名称変更)
マーケティングSaaS事業に関連するブランド変更(プロダクト名称変更)
広告プラットフォーム事業に関連するブランド変更
広告プラットフォーム事業に関連するブランド変更

 パーパスの策定にともない「GENIEE Marketing Cloud」「GENIEE Ads Platform」という2つの新ブランドに各種プロダクトを統合。これによりサービス体系をわかりやすく整理し、導入の促進を目指す。

【関連記事】
UNICORNとジーニー、「Web動画リワード広告」で連携へ 報酬付与でユーザーの興味喚起を促進
ジーニー、ホープと業務提携し自治体へのシステム提供を推進 気象庁サイトへ広告配信システムを提供
第70回日経広告賞が決定 KINCHOが大賞に/「パーパス・ESG部門」の最優秀賞は積水ハウスが受賞
電通デジタル、パーパスあるDX・CX支援を強化 "社会的不満"探索支援ツール提供開始
博報堂とnote、企業・ブランドのパーパスを発信・可視化するサービス提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/26 20:43 https://markezine.jp/article/detail/38212

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング