SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

実在の都市を再現し、広告ジャックや出店を可能に HIKKYが「パラリアルワールドプロジェクト」を発足

 VRサービスの開発ソリューションを提供するHIKKYは「パラリアルワールドプロジェクト」を発足し、5年以内に世界100都市のメタバース化を目指す。

 同社の提唱する「パラリアル」とは「パラレルワールド(並行世界)」と「リアル(現実世界)」を合わせた造語。今回のプロジェクトでは、現実世界に実在する都市をメタバース上の都市として解釈し直すことにより、新たな都市をデザインする。

メタバース店舗と接客の様子
メタバース店舗と接客の様子

 パラリアルワールドでは、メタバース空間への出店や大型イベントの開催、広告ジャックのほか、物理的な距離の影響を受けないメタバースの特徴を活かし、自宅から出ずに観光地を訪れる旅行を可能とする。

【関連記事】
メタバース上での人材サービス提供を目指す パーソルマーケティングがメタバースデザイン事業部を新設
映像制作時の廃棄資材と人員の削減に貢献 電通クリエーティブXらが「メタバース プロダクション」を発足
hakuhodo-XR、メタバースにおける広告サービスの開発へ 三越伊勢丹の仮想都市で実証実験を開始
仮想空間でのライブ配信を実現 ALPHABOATが「ALPHABOAT XR Studio」を開設
凸版印刷、仮想ショッピングモールアプリ「メタパ」を開発 AR機能で商品設置時のイメージ確認を可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/17 16:30 https://markezine.jp/article/detail/38356

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング