SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』

デリバリー業界の自転車操業は、新しい業態への予兆

 米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたベストインクラスプロデューサーズ発行の『BICP MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。

※本記事は、2022年2月25日刊行の定期誌『MarkeZine』74号に掲載したものです。

「Wolt」の東京進出の実態

 デリバリー事業の「Wolt」が、2020年10月ついに東京に進出した。本社はフィンランドのヘルシンキにある欧州社による海外市場拡張の日本法人の事業だ。

 Woltジャパンは、「ちょっと珍しいメニュー」や「こだわりのレストラン」を開拓し、世田谷区や目黒区のような住宅密集地から事業を進めることで配送(質)効率を上げつつ、巨大チェーン店からも「限定メニュー」を採用するといった施策に尽力中だ。

 気づきたいのは、これらの宅配物品のローカル工夫は、Woltに限らずすべてのデリバリー業が当然に行う微差であるという点。物品や地域選択の最適化は、単なる「濃縮作業」程度で、(画期的な)「飴玉事業」を生み出さないままの水平(現状)の先延ばしである。

 案の定、ドイツを本国とする「Delivery Hero」が運営する「Foodpanda」が2021年12月に日本からの撤退を表明した。これは「過当競争」が理由なのではなく、事業モデルが(多少凝った)「物品宅配」のスケール基準(だけ)であることに起因している。

世界的なM&Aも付け焼き刃

 そのWoltも、欧州各国他23ヵ国に水平拡大して、日本市場に進出。2021年11月に、米国サンフランシスコ発の「Door Dash」に約9,000億円で買収された(参考記事)。

 このようなデリバリー事業の「世界スケールでの水平統合」は、既に7〜8年前から起きている終わりの見えない「ナゾな」出来事だ。たとえば、米国の4強ブランドの1つ「Grubhub」は、ど・競合だった「Seamless」を2013年に買収している。そのSeamlessは、それ以前に大手だった「Menu Pages」を買収していたのに、さらに買収される飲み込み合戦である。さらに、「飲み込んだ」側のGrubhubも図表1の低迷ぶりで、2020年6月に欧州の「Just Eat Takeaway」によって約8,000億円で買収され、飲み込まれている(参考記事)。

図表1 出典 Bloomberg Second Measureを参考に筆者が作図
図表1 出典 Bloomberg Second Measureを参考に筆者が作図

 一方で、「Uber」に至っては2020年を起点として、今やもう「タクシー配車事業体」より「フード宅配事業体(Uber Eats)」の軸足が太くなった。実際、Uberの売上高比率は、「タクシー配車:Uber Eats」が「6:4」にまで迫っている。ところが、Uber Eats部門の純利益やEBITDA※1利益を切り出してみると、大赤字のままで、タクシー配車事業部門で生んだ黒字利益を「食う」形でかろうじて成り立っている状態だ。

 参考までに各デリバリー事業の損失額を、「特需」であったはずの2020年度で以下並べて見ると、まさに「下り坂で止められない」自転車操業モデルが世界中で「同時多発」進行中で、M&A連鎖での拡大も付け焼き刃程度、赤字度合いが止まらないことが見て取れる。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
「リテール」事業の価値は「物品の宅配」の、向こう側

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

榮枝 洋文(サカエダ ヒロフミ)

株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(BICP)/ニューヨークオフィス代表 英WPPグループ傘下にて日本の広告会社の中国・香港、そして米国法人CFO兼副社長の後、株式会社デジタルインテリジェンス取締役を経て現職。海外経営マネジメントをベースにしたコンサルテーションを行う。日本広告業協会(JAAA)会報誌コラムニスト。著書に『広告ビジネス次の10年』(翔泳社)。ニューヨーク最新動向を解説する『MAD MAN Report』を発刊。米国コロンビア大学経営大学院(MBA)修了。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/01 09:30 https://markezine.jp/article/detail/38395

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング