SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

アイレップと探るライブコマース最前線(PR)

数年前の使われ方とは違う!令和のライブコマースは「デジタル上の接客」「CRMの一環」の価値を持つ

ライブコマースの価値を最大化するために

MZ:ライブコマースを始める際、気をつけたほうがよいことはありますか?

川田:ライブコマースの良さを最大限発揮するため必要なのは、現場の方がある程度権限を持って進められる体制を作ること、上層部の方が現場の方々を信頼することだと思います。

恩地:ライブコマースの許可が下りても、台本を制作し、一言一句その通りに読み上げることになってしまうようなことになっては、せっかくのライブコマースの魅力がなくなってしまいます。ライブコマースは、コマーサーの「生の声」で伝えることが価値につながります。編集のできない生放送で視聴者からの質問にしっかりと答え、コミュニケーションを交わしていく。ライブだからこそ伝えられる熱量によって、企業と生活者との間に信頼関係が構築されていくんです。

川田:現在ライブコマースで成功事例として出されているのは、比較的規模の小さいD2C企業が多いのですが、規模が大きくても柔軟に対応できる体制をとっている企業は、しっかりと結果を出しています

 たとえば、ある企業では自社のアプリにライブコマース機能を追加し生活者とのタッチポイントを増加させています。また別の企業では継続してライブコマースを行ったことでLTVが増加しています。最低限のルールを決めた上で、現場の方々が判断しながら進めることができるカルチャーが形成されていると、スムーズに立ち上がりやすいのではないかと思います。

市場はさらに伸びていく

MZ:最後に、ライブコマースに興味を持っている企業に対して、メッセージをお願いいたします。

川田:ライブコマースの市場は、日本でもさらに成長していくと見ています。米国の投資会社「ARK Invest」の調査(ダウンロードページ)では、ソーシャルコマースがオンラインショッピングの“次の波”として取り上げられています。グローバルにおけるソーシャルコマースの商品総価値(GMV※2)は、今後5年間で年複利41%で成長し、3兆7,000億ドルに達すると予想されています。また2026年までに、Eコマース全体におけるソーシャルコマースの割合は、10%未満から22%へと2倍以上に増加すると言われています。このソーシャルコマースの一領域として、ライブコマースも伸びていくと考えられます。

※2 Gross Merchandise Valueの略で、そのマーケットやプラットフォームで消費者が購入した商品の売上の合計額、流通取引総額のこと。

 当社はこれまで多くの企業のライブコマース支援実績があり、その配信データを分析することで、コンバージョンに寄与する要素は何かを分析し、支援に活かしています。また、ライブコマース周辺の施策や、チャネルやタッチポイント全体の設計など、総合的な面でサポートできるのも、私たちの強みです。もちろん、どのプラットフォームを使うと良いか、キャスティングをどうするか、コンテンツの企画や話し方といった実践面も、サポートさせていただきます。

恩地:私たちはライブコマースを日々研究しており、その最先端を走っているという自負を持っています。ライブコマースについて理解を深めるための書籍やセミナーといったコンテンツも、積極的に提供しています。ライブコマースに挑戦される際は、これらを参考にしていただければ幸いです。

書籍刊行のご案内

 翔泳社より、アイレップ 武者慶佑氏、池田好伸氏、川田麻由佳氏による書籍『成果を上げるライブコマースの教科書 双方向のやりとりで顧客の欲しいを引き出す新しいEC戦略』を刊行しました!

成果を上げるライブコマースの教科書<br />          双方向のやりとりで顧客の欲しいを引き出す新しいEC戦略

Amazon SEshop その他

成果を上げるライブコマースの教科書
双方向のやりとりで顧客の欲しいを引き出す新しいEC戦略

著者:武者慶佑、池田好伸、川田麻由佳
発売日:2022年3月22日(火)
定価:1,980円(本体1,800円+税10%)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
アイレップと探るライブコマース最前線連載記事一覧
この記事の著者

タカハシ コウキ(タカハシ コウキ)

1997年生まれ。2020年に駒沢大学経済学部を卒業。在学中よりインターンなどで記事制作を経験。卒業後、フリーライターとして、インタビューやレポート記事を執筆している。またカメラマンとしても活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/01 13:40 https://markezine.jp/article/detail/38557

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング