SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYHDとMESON、丸の内エリアでローカル5Gを活用したAR/VRの実証実験を実施

 博報堂DYホールディングス、MESON、三菱地所、Tokyo Marunouchi Innovation Platform(以下、TMIP)は、コミュニケーション体験構築プロジェクト「GIBSON(ギブソン)」の一環として、丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)において観光・買い物・イベント用途での体験価値検証のためのAR/VR実証実験を4者共同にて実施した。

 「GIBSON」は、実空間(フィジカル空間)の3Dコピーである「デジタルツイン」を用いて「サイバー空間」を構築。そこにログインする遠隔地(体験スペース)のVRユーザーと実空間(丸の内周遊エリア)のARユーザーが同じ空間で場を共有しているようなコミュニケーション体験を可能にするものだ。

 今回の実験では、大手町・丸の内・有楽町地区で活動する大丸有エリアマネジメント協会、大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、三菱地所にて構成された実行委員会主催の社会実験「Marunouchi Street Park 2021 Winter」と連携。「GIBSON」が将来的に活用を想定している観光・買い物・イベント用途での体験価値の検証を行った。

 結果、実際の現地(今回は丸の内)にいるという感覚に加え、"サイバーとフィジカルが融合した新たな空間に自分が実際に居る"という感覚を確認した。また、動的な周囲の状況変化の観測に関わるスコアも高く、想定していたユースケースである観光・イベント・コマースでの活用が有望であることを確認できた。加えてオンライン/オフラインをハイブリッドに融合させたオフィスでの活用など、さらなるユースケースについても体験者の皆様から示唆を得ることができた。

【関連記事】
博報堂DYMP、AIを活用した広告枠の組み替えによりテレビスポット効果を最大化する新機能を提供
ソウルドアウトが博報堂DYグループ傘下に デジタル広告にとどまらないソリューションの提供を目指す
博報堂DYHD、「博報堂テクノロジーズ」を設立 博報堂グループのテクノロジー開発体制と基盤整備を強化
博報堂DYHD、AI技術で既存の動画広告を各種デジタルメディアに合わせ高速リサイズする実証実験を開始
博報堂DYHD、GrabAdsとのパートナーシップ契約を締結 東南アジアのクライアント企業を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/11 15:00 https://markezine.jp/article/detail/38747

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング