SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

白メガネ野崎が突撃!次世代のトップランナーに聞く新時代のキャリア形成

「年収ダウンでも、得られる経験があればチャレンジする」シンカー藤原氏の挑戦的なキャリアとは

 本連載では、広告/マーケティング・インターネットサービス業界に特化し、約4,000人の転職や副業のキャリア設計支援を行ってきたホワイトグラッシーズの野崎大輔(白メガネ)さんが、同領域で活躍中の業界人が歩んできたキャリアを聞き出しながら、人生100年時代におけるキャリア設計のヒントを探ります。今回は、企業のマーケティングDX支援を手掛けるシンカーの代表取締役を務める藤原氏のキャリアを振り返ります。

学生時代から起業家を志していた

野崎:まず、藤原さんが現在代表を務めるシンカーという会社がどのような事業を展開しているのか教えてください。

藤原:シンカーは「ひととデジタルの関係性を最適化する」をミッションとし、企業のマーケティングDXを支援する企業です。

 中でも注力しているのが、データ基盤の導入・導入後の利活用の支援です。クライアントの皆様の1stPartyDataを活用し、エンドユーザーの顧客体験の改善やクライアントの売上貢献にフォーカスしています。具体的にはSaaS型カスタマージャーニー分析AI「CASTORY」やLTVに関するAIの予測モデルなど自社開発したソリューションを用いてデータ分析を行い、マーケティングの高度化をお手伝いしています。

株式会社シンカー 代表取締役 藤原 瑛二さん
株式会社シンカー 代表取締役 藤原 瑛二さん

野崎:自社ソリューションでコンサルティングの効率化・差別化を図りながら、企業のDX推進を支援していらっしゃいますね。藤原さんは経営者として、どのような職域を担っているのでしょうか?

藤原:現在は直接的な顧客対応からは徐々に離れ、経営戦略の策定から採用、バックオフィスの整備まで、様々な領域を見ています。コンサルティングに関しては、現場の優秀なスタッフに任せています。

野崎:では、マーケティングDX支援会社の経営者として活躍中の藤原さんが、どのようなキャリアを歩んできたのか振り返り、マネできるポイントを探していきましょう。

 学生時代から振り返ります。理系だったようですが、当時から現在のように起業することは想定したのでしょうか?

藤原:学生時代から起業家になりたいと思っていました。当時は不景気でしたが、その中でもITベンチャーの勃興期で、様々なITベンチャーが日本経済に影響を与えていました。私もそのような人になりたいと思うようになったのが、起業家を目指したきっかけですね。

1社目は住友生命に。そこで得た経験とは?

野崎:六本木ヒルズ方面が色々騒がれていた時代ですね(笑)。当時から、起業家を志して就活を行ったと思いますが、1社目は意外にも住友生命に総合職で入社しています。住友生命では、どのような経験を積んできたのでしょうか?

株式会社ホワイトグラッシーズ 代表取締役/キャリアプランナー 野崎 大輔(白メガネ)さん
株式会社ホワイトグラッシーズ 代表取締役/キャリアプランナー 野崎 大輔(白メガネ)さん

藤原:支社の営業支援や業績管理を行っていました。たとえば、毎朝表計算ソフトで前日のレポートを各支部長に提出したり、朝礼の資料を作成したり、営業職員の査定なども担当したりしていました。

 その中では、無形商材を人が販売するプロセスや、保険を販売してくれる営業職員が売りやすくなる方法を考えることができたのは、今にも活きています。今シンカーにいるメンバーに関しても「どうすれば働きやすくなるか、最大限のパフォーマンスが発揮できるか」を常に考えて仕事をしています。

野崎:このエピソードは参考になります。立ち上げフェーズのベンチャー企業がメインのキャリアで、社会人としての一般的なマナーやお作法をしっかりと身に着けないまま、後に起業するケースも多いですが、藤原さんは大手企業でビジネスマンとしての汎用性の高い基礎力を社会人のファーストステップで磨かれています。これは、大手企業に就職して得られるメリットのうちの1つです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
転職でデジタルマーケティングの道に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
白メガネ野崎が突撃!次世代のトップランナーに聞く新時代のキャリア形成連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業した結果、20...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/12 09:30 https://markezine.jp/article/detail/38902

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング