SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ウインナーを用いた朝食の提案で子どもの自立を促す 光文社とプリマハムが共同プロジェクトを始動

 光文社とプリマハムは2022年5月7日(土)より、全国の家族に笑顔を届けるプロジェクトとして「ウインナー1本で育める自己肯定感がある! パパとママにとって"世界一美味しい朝食"って?」をスタートした。

 光文社は30代を中心とした主婦層をメインターゲットに設定する雑誌「VERY」などを発行する企業。一方のプリマハムは、ウインナー「香薫」を製造・販売する企業だ。

 両社は同プロジェクトにおいて「子どもの自立を促すための朝ごはんづくり」を提案する。具体的にはVERYの誌面/Web企画や新聞広告を通じ、子どもが作りたくなる香薫のレシピや飾り切りなどのコンテンツを発信。子どもの調理に対するモチベーションを高めることで自立を促すほか、子どものできることを増やし自己肯定感を高める。

【関連記事】
アカツキと小学館集英社プロダクションが共同事業を開始 TikTok発のライツビジネスに取り組む
ソケッツ、集英社に感性メタデータの提供を開始
講談社が「OTAKAD」をリニューアル タイアップ広告の分析やクリエイティブの制作を支援可能に
イオンファンタジーとニューラルポケット、AIカメラで商業施設における子ども世代の属性を解析
令和の子育てママは家電活用や家事の外注に積極的/母親が笑顔でいることが大事【ママタス調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/09 12:30 https://markezine.jp/article/detail/38927

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング