SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

競合アカウントのフォロワー群からインフルエンサーを抽出可能に Aが「A stream」の機能を拡張

 A(エース)は、インフルエンサーマッチングツール「A stream(エーストリーム)」の「キーアカウント調査」の機能をアップデートした。

クリックして拡大

 Aは、主にファッションブランドやコスメブランドなどを展開する企業に対し、インフルエンサーマーケティングの支援を行ってきた企業だ。A streamでは、インフルエンサーのフォロワーの興味関心やブランドの好みといったサイコグラフィック情報の分析を可能にする。

 今回のアップデートにより「指定したメーカーのアカウントを共通してフォローしているペルソナ群」の抽出が可能に。利用企業は競合メーカーの公式アカウントを3つ入力すると、3つ全てをフォローしている人たちが共通してフォローするインフルエンサーを導き出せる。

【関連記事】
電通子会社・BitStar・ホイッスルが協業 インフルエンサーマーケティング市場の拡大と健全な発展へ
C Channelとサブマリーナ、富裕層に特化したインフルエンサーマーケティングサービスをリリース
インフルエンサーが抱えるフォロワーのサイコグラフィック分析を実現 Aが「A stream」の提供へ
サイバー・バズ、インフルエンサーがInstagramのサブアカウントを運用するプランの提供を開始
ドゥ・ハウス、人材会社のiDAと協業 OMOでのインフルエンサーサービスを展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/17 15:15 https://markezine.jp/article/detail/38983

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング