SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「健康ストイック層」が最もアクセスするデジタル媒体は「キュレーションメディア」【ウェルネス総研調査】

 ウェルネス総合研究所は2022年5月31日(火)に、今後のヘルス・トレンド予測をまとめた「ウェルネストレンド白書 Vol.2」を発刊する。

 同書では性年代別だけでなく、クラスタプロファイリング分析によって生活者を7つの健康セグメントに分類。各セグメントによる興味関心を「ヘルスベネフィット」「素材・成分」の観点から分析している。

各健康セグメントの特徴
各健康セグメントの特徴

「まだ大丈夫層」が最多層

 7つの健康セグメントの構成比は、Vol.1の調査回答者とほぼ同様の比率に(調査回答者は重複しない)。最も多かったのは「まだ大丈夫層」だった。

健康意識を持つ層は女性の方が多い

 健康に対して何らかの意識があるセグメント層は全体の約6割だったが、性別で見ると女性の約7割が健康に対して何らかの意識がある一方、男性はまだ大丈夫層と「健康無関心層」の両者で約5割を占めた。

60代を機に変化する健康意識

 「コツコツ健康層」と「健康ストイック層」は年代が高くなるにつれて構成比が上がっていく一方、まだ大丈夫層、健康無関心層と「トレーニング大好き層」は年代が高くなるにつれて構成比が下がり、健康意識が60代を境に大きく変化していた。

健康意識の高い2つの層で情報源に違いが

 情報源を訊ねたところ、どのセグメントにおいても「テレビ」が最多回答に。健康ストイック層やコツコツ健康層など、一部のセグメントでは「雑誌」や「新聞記事」を挙げる人の比率も高かった。

  また、デジタル領域における情報源も聴取。健康への意識が高い健康ストイック層と「健康コンシャス層」だが、普段アクセスしているデジタルメディアには違いが見られた。

健康ストイック層の回答
健康ストイック層の回答
健康ストイック層の回答
健康コンシャス層層の回答

【調査概要】
時期:2022年2月21日(月)~2022年2月24日(木)
方法:インターネット調査(マクロミル)
対象:日本国内在住の20~79歳男女(調査業、広告代理業、医療業など指定業種は除外)
有効回答数:4,663件
※性別×年代(10歳刻み)の12セルに対し、各セル400サンプル以上となるよう割付を設定して回収。合計5,419サンプルの中から、不適当な回答を除外した4,663サンプルを有効回答として取得
補正内容:日本国内在住の20~79歳の人口構成比(性別×年代)にあわせて、有効回答者の構成比補正を実施
出典:総務省統計局 平成27年国勢調査

【関連記事】
TVer・じゃらんの存在感増 2022年4月度テレビCM放送回数ランキング【ゼータ・ブリッジ調査】
社員のWebマーケティングスキル習得に向けた取り組みを「行えていない」経営者は約2割【デジプロ調査】
サブスクリプションサービス、20代男女の46.4%が「利用している」と回答【テスティー調査】
2022年のGW前半週、個人消費金額は19,125円で昨年から約3,000円増【マクロミル調査】
約8割が値上げを「実感」/値上げを最も実感する品目は「生鮮食品」 【日本インフォメーション調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/19 15:15 https://markezine.jp/article/detail/39031

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング