SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2022年のGW前半週、個人消費金額は19,125円で昨年から約3,000円増【マクロミル調査】

 マクロミルは定点観測調査データを基に、2022年のゴールデンウィーク前半までの消費動向を振り返った。

ゴールデンウィーク前半に食品関連の値上がりを実感

 調査時点の1ヵ月前と比較して「値上がりした」と感じる品目を聞いたところ、ゴールデンウィーク前半に「パン」「牛乳・乳製品」「菓子」「外食費」の回答割合が増加。「ガソリン」の価格は引き続き高騰しているものの、値上がりを実感している人の割合は減少していた。

身の回りの景況感は上向き傾向

 生活者の身の回りの今と今後の景気の良し悪しを聞く「景況判断」の項目では、行動制限のなかった2022年のゴールデンウィーク前半週に、指数が上向きへと変化した。

個人消費金額は昨年から約3,000円増

 実際の支出(※)について見ると、ゴールデンウィーク前半の個人消費金額は平均19,125円で昨年よりも約3,000円増額。3年ぶりに同時期の支出額が19,000円台へと回復した。

※家賃やローン・公共料金・電話料金など毎月の支払いを除く

 また「国内旅行」に行った人の割合は前年の約2倍となった。

【調査概要】
方法:インターネット調査
対象:全国20~74歳の男女1,000サンプル(マクロミルモニタ会員)
割付方法:令和2年国勢調査によるエリア×性別×年代別の人口動態割付
日時:毎週水曜日実施
機関:マクロミル

【関連記事】
約8割が値上げを「実感」/値上げを最も実感する品目は「生鮮食品」 【日本インフォメーション調査】
広告型インターネット動画の視聴時間割合、34歳以下と35~49歳で同率【ニールセン デジタル調査】
日本の政治に興味がある高校生は6割超/興味を持ったきっかけトップは「テレビ」【LINEリサーチ調査】
改正個人情報保護法、60%以上が自社のマーケティング活動への影響を懸念【LiveRamp調査】
マーケティングDXに取り組む企業は約9割、成果が出ている企業は6割へと伸長【電通調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/11 12:30 https://markezine.jp/article/detail/38952

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング