SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サブスクリプションサービス、20代男女の46.4%が「利用している」と回答【テスティー調査】

 テスティーは、20代~30代の男女1,257名(20代男性302名、20代女性317名、30代男性311名、30代女性327名)を対象にサブスクリプションサービスに関する調査を実施した。

「サブスクリプションサービス」の認知率は年々増加

 まず「サブスクリプションサービス」を知っているかを調査したところ、「知っている(説明ができる)」と回答した人は20代で50.2%、30代で41.5%であった。

 「聞いたことはあるが、詳しく知らない(説明はできない)」と回答した割合は、20代で23.3%、30代で33.3%となり、サブスクを認知し説明までできる人は4~5割ほどとなったものの、言葉の認知率は7割以上と認知率が上昇傾向にあることがわかった。

 続いて、サブスクリプションサービスについて簡易説明を行い、利用率を調査した。結果「現在利用している」と回答したのは20代で46.4%、30代で38.7%であった。

使用しているサービス、1位は「Amazon プライム・ビデオ」

 「現在サブスクリプションサービスを利用している」と回答した人を対象に、現在利用中のサービスを尋ねた。結果、全性年代で第1位が「映像・動画配信」、第2位が「音楽配信」と続き、利用しているサービスに年齢や性別差がないこと伺えた。

 さらに、利用率の高かった「映像・動画配信」の使用しているサービスを調査したところ、第1位は「Amazon プライム・ビデオ」となり、第2位が「Netflix」と続き、性年代で利用サービスに大きな差はなかった。

【調査概要】
調査期間:2022年4月20日(水)
調査対象:20~39歳、男女、1,257名
(20代男性302名、20代女性317名、30代男性311名、30代女性327名)

【関連記事】
高校生・大学生男女、好きなアニメ作品のためにすることは「グッズ購入」が最多【テスティー調査】
高校生・大学生男女に聞く、SNSで検索後購入した商品やサービスは?【テスティー調査】
FIREBUGとテスティー、YouTube動画広告に特化した「ブランドリフト調査パッケージ」を提供
GoToキャンペーン、認知度は約9割 10代はSNSで旅行先を検索する人が6割以上【テスティー調査】
貯金をしている20代は男女ともに7割以上 資産運用をしている人は微増という結果に【テスティー調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/12 14:00 https://markezine.jp/article/detail/38961

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング