SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

データで読み解く

急成長するメンズメイク市場 コスメ業界の新ビッグユーザー「メイク男子」を徹底解明

 近年、SNSの普及やコロナ禍でビデオ会議が増加したことにより、“画面映り”を気にかける機会が増えています。こうした背景から、女性だけでなく男性の美容意識も高まり、身だしなみとして化粧を実施する「メイク男子」が増加。この兆しを受け、ウーノ、メンズビオレ、ギャッツビーといったブランドが、BBクリーム、コンシーラーなどの男性用メイクアップ化粧品を続々とリリースしていった結果、メンズメイク市場は過去にない盛り上がりを見せています。今回の「データで読み解く」では、マクロミルの「ブランドデータバンク」および、消費者購買履歴データ「QPR」から、メンズメイク市場の成長背景とメイクをする男性の実態を明らかにしていきます。

※本記事は、2022年5月25日刊行の定期誌『MarkeZine』77号に掲載したものです。

急速に成長するメンズメイク市場 牽引するのは若年ユーザーと男性特化の化粧品

 まず、消費者購買履歴データ「QPR」を用いて、メンズメイク市場動向を見ていきます。

 メンズメイク市場規模の推移(図表1)では、2019年〜2021年にかけてのメンズメイク市場の成長推移を示しています。

図表1 メンズメイク市場規模の推移(2019年~2021年)(タップで画像拡大)
図表1 メンズメイク市場規模の推移(2019年~2021年)(タップで画像拡大)

 このデータから、コロナ禍において市場の一時縮小が見られたものの、この3年間でメンズメイク市場は約1.5倍に拡大していることが確認できます。

 世代別で見ると、直近の2021年下期では10代・20代の市場規模が最も大きく、とりわけ10代の市場成長が顕著であり、100人あたりの購入金額は2019年の7倍以上伸長しています。このことから、現在のメンズメイク市場は10代を中心とする若年層が牽引していると把握できます。

 続いて、男性によるメイクアップ化粧品の購買ランキング(図表2)から、メイク男子の使用する化粧品アイテムについて確認していきます。

図表2 男性によるメイクアップ化粧品の購買ランキング(男性用メイクアップ化粧品をハイライト表示)(タップで画像拡大)
図表2 男性によるメイクアップ化粧品の購買ランキング(男性用メイクアップ化粧品をハイライト表示)(タップで画像拡大)

 2019年時点では、上位10商品中8商品は女性用化粧品で占められており、男性用だけでなく、女性用の化粧品が多く利用されていたことが推察されます。一方で、2021年のランキングを確認すると、上位10商品中8商品は男性用化粧品が占めており、この3年間で女性用化粧品から男性用化粧品をメインとする購買変化が見てとれます。また、これらの結果から、男性用化粧品のラインアップ増加と共に男性のメイク習慣が浸透し、メンズメイク市場が成長していると考えられます。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
若年層を中心とするユーザー属性 全国的に増加するメイク男子

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
データで読み解く連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

笠原 聖大(カサハラ マサヒロ)

株式会社マクロミルデータビジネスデザイン本部 テクノロジー&デジタルプロダクツ部 イノベーションイニシアティブ G米国ウィスコンシン州立大学にてビジネスアナリティクスを就学し、データサイエンスを専攻。マクロミル入社後、データアナリストとしてプロダクト開発部門に所属する。行動と意識のデータを掛け合わせ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/27 08:30 https://markezine.jp/article/detail/39037

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング