SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

マーケとプロダクトは更に近い関係に!プロダクトアナリティクス大手のAmplitudeがCDPを発表

 プロダクトアナリティクス分野の大手、Amplitude(アンプリチュード)が5月24~26日、米国・ラスベガスで年次イベント「Amplify 2022」を開催した。Webサービス上の行動分析を行うのがプロダクトアナリティクスだが、会期中にカスタマーデータプラットフォーム(CDP)を発表するなど、マーケターもその動向を注意しておく必要がありそうだ。

あらゆるプロダクトがエンドツーエンドの関係に変化

 Amplitudeは2012年に創業、米サンフランシスコを拠点とするプロダクトアナリティクスのベンダーだ。2021年にはダイレクトリスティング(直接上場)方式でNasdaq市場に上場を果たしている。Atlassian(ソフトウェア)、Square(決済)、Twitter、Under Armourをはじめ、1,700社の顧客を抱える。

 5月25日の基調講演で、共同創業者兼CEOのSpenser Skates氏は、「プロダクト」の変化から市場の状況を説明する

Amplitude 共同創業者兼CEO Spencer Skates氏
Amplitude 共同創業者兼CEO Spencer Skates氏

 かつてのプロダクトは、「車」「ハンバーガー」など物理的な製品が中心で、顧客がそれを購入すると顧客と企業との関係は基本的には終了。更新や買い替えで再び企業と顧客の関係が生まれていた。一方、現在プロダクトは物理的なモノだけでなく、Web上にあるサービスも含まれるようになった。そして物理的なものを含めあらゆるプロダクトが、購入前の検討段階から購入、購入後も続くエンドツーエンドの体験に変わっている。

さまざまな接点から、業務改善につながる指標を提供

 Skates氏はさらに、データの変化も指摘する。それまでは購入時のデータしかなかったものが、さまざまな接点からデータを収集することが技術的に可能になった。

 データへのアクセスという点も変化している。これまでデータにアクセスするためにはSQLなどの専門知識が必要だったが、そのような知識がなくてもユーザーは自分が見たいデータにアクセスできる世界へと向かっている。

 企業はダウンロード数、Webサイトの訪問者などの数はわかっている。しかしSkates氏はこれらを、実際の業務改善につながることのない指標を意味する「バニティメトリクス」とする。肝心なのは「何が機能していて、何が機能していないのか、顧客はどこにイライラを感じているのか、どこでつまづいて次のステップに進んでいないのか、何を気に入っていて、気に入っていないものは何か」などであり、これらをAmplitudeを使って知ることができるという。

 AmplitudeのプロダクトアナリティクスではユーザーIDと行動を結びつける。これにより、「購入の前から購入した後まで、カスタマージャーニーにおけるすべての顧客の状況を知ることができる」とSkates氏。このような行動分析を中心とした自社技術を「デジタル最適化システム」と位置付ける。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
どんな顧客企業が活用しているのか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

末岡 洋子(スエオカ ヨウコ)

フリーライター

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/02 08:00 https://markezine.jp/article/detail/39108

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング