SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2022年上半期、Z世代のトレンドは「TikTok」「平成ギャル」/下半期流行も予想【Z総研調査】

 Z総研は、N.D.Promotionが運営するNom de plume(ノンデプルーム)読者を中心とした、Z世代コミュニティに所属するZ世代女子を対象に2022年上半期トレンド調査を実施。その結果を「Z総研2022年上半期トレンドランキング」として発表。また「ネクストトレンド予想」も同時に公開した。以下、一部内容を紹介する。

2022年上半期、流行ったコト・モノ1位は「TikTok」

 まず2022年上半期に流行ったコト・モノを調査した。結果、「TikTok」が1位に。「Instagramはきっちりとした情報を、TikTokは面白さやトレンドを重視している印象がある」という。

 2位が「平成ギャル」、3位が「ルーズソックス」と続いた。Instagramの投稿では、平成ギャルが大ブームとなった。文化祭や制服ディズニーなどのイベントでルーズソックスをはき、「ギャルでない清楚な女の子もみんなつけている」といった声もあった。

流行った食べ物・飲み物は「地球グミ」が首位に

 次に流行った食べ物・飲み物を調査。結果、「地球グミ」が首位となった。2021年下半期から1つ順位を上げた地球グミは、写真映え、動画映えするお菓子として注目が集まっている。

 2位に「スターバックス」がランクインした。2022年は、新作だけでなく、スターバックスで映えること自体が流行した印象。ストローをさしたり、乾杯したり、推しのアクスタと並べるところをInstagramのリールに投稿する人が多く見られた。続いて、韓国発祥のマカロン「トゥンカロン」が3位に。見た目と味とレパートリーの多さで度々話題に上がったという。

流行った言葉、1位は「きまZ」

 2022年上半期に流行った言葉を調査した。結果、「きまZ」が1位に。「気まずい」を意味するワードで、YouTubeチャンネル「ウチら3姉妹」の、とうあ氏から広まった言葉だ。

 2位の「ぎゃる」は、「ギャル超かわいい」という歌詞が特徴の「GAL (feat. Shake Pepper & Yvngboi P)」 がTikTokで大流行した。3位の「それ」は、返事の際に「それな」と同意の意味で使われるという。

 その他、2022年上半期に流行ったものは以下の通り。SNSを含めた複数のチャネルで話題になっている人やモノが目立った。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)
クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

2022年下半期は「ちびTシャツ」「9bic」などに注目

 また、2022年下半期のネクストトレンドをZ世代に予想してもらい、その結果をZ総研が選出し、まとめた。

 「たまごっち」は、アニメとコラボしたたまごっちなども発売され、懐かしさから注目が集まっている。

 「FOCALLUREのアイシャドウ」は中華コスメのブランド。1つのパレットに様々な色とテクスチャーが含まれており、パッケージの可愛さだけでなく発色の良さからも人気がある。「ちびTシャツ」はギャルブームとともに流行。ヘソだしスタイルのファッションが支持されているという。

 「ちょえ」はコムドットのやまと氏が考案した言葉で、「ちょっと待って」の意味。「短くていいやすそう」という声もあった。

 アーティストで注目が集まったのが、メンズの地下アイドル「9bic」や、ジャニーズJr.の「Lil かんさい(りとるかんさい)」、歌い手グループの「KnightA - 騎士A -(ナイトエー)」、韓国アイドルグループ「NMIXX(エンミックス)」。SNSでの親しみやすさやチラ見せから気になる人が多いという。

 YouTubeチャンネルは、「むくえなちっく。」「ESPOIR TRIBE ―エスポワール・トライブー」が挙げられた。

【調査概要】
調査時期:2022年5月1日(日)~2022年5月8日(日)
調査方法:インターネット調査
調査対象:自社メディア「Nom de plume」LINE@会員
有効回答数:1,139名(全国、小学生以下1名、中学生314名、高校生622名、18歳(高校卒業)~22歳165名、23歳~26歳37名)【複数回答式】

【関連記事】
2021年下半期、Z世代のトレンドは「イカゲーム」「コムドット」/2022年流行も予想【Z総研調査】
Z世代の56.9%がTikTokを1日1時間以上閲覧 情報収集ツールとして活用する人も【Z総研調査】
シンクタンク組織「Z総研」が発足!Z世代をターゲットにする企業のマーケティング活動を支援
テテマーチ、Z世代マーケ研究室「LOUPE」を始動
ニールセン、Z世代とシニア世代のスマートフォン利用動向を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/08 10:09 https://markezine.jp/article/detail/39131

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング