SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYHDが「拡張体験デザイン協会」に参画 サイバーフィジカル社会における体験産業の発展を目指す

 博報堂DYホールディングス(以下、博報堂DYHD)は、産業技術総合研究所(以下、産総研)が設立した「拡張体験デザイン協会」に参画。博報堂DYHDのマーケティング・テクノロジー・センター所属の研究員2人を産総研の「協力研究員」として派遣する。

 同協会は、サイバーフィジカル社会(※)における生活者の安全で快適な体験をデザインするための評価手法の確立と、効果的なデザインの普及を目的とする機関だ。具体的には、情報・製品・空間・サービスなどを体験価値の観点から設計する方法論を策定。また、拡張体験がユーザーの認知行動に及ぼす影響とその価値に関する評価基準を確立し、体験産業における日本の国際競争力の強化を目指す。

※生活空間のDX、AR、複合現実(MR)、スマートシティ、メタバースなど、現実の生活空間とサイバー空間とそれらを融合した社会のこと

 博報堂DYHDは、同協会に会員企業として参画し、他の企業やアカデミアと連携。これにより、安全で快適なサイバーフィジカル空間における体験デザインのための評価基準を策定していく。協力研究員の2人は、同協会の事務局メンバーとして運営推進を担当。これまで培ってきたナレッジを活かし、サイバーフィジカル空間における体験産業の発展促進を目指す。

【関連記事】
博報堂DYHD、VRCと資本業務提携契約を締結 3Dアバターを活用したサービスの共同開発を加速
博報堂、五感の相互作用を活用しブランド体験を進化させる実験活動を開始 第1弾は「おいしさ×聴覚」研究
博報堂DYメディアパートナーズ、LIVEコマースサービス「クラフトーク」を提供
博報堂DYグループ、新会社「SP EXPERT’S」を設立/販促DXを支援し新たな買い物体験を提供
博報堂DYHDとMESON、丸の内エリアでローカル5Gを活用したAR/VRの実証実験を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/07 13:00 https://markezine.jp/article/detail/39162

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング