SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYメディアパートナーズ、LIVEコマースサービス「クラフトーク」を提供

 博報堂DYメディアパートナーズは、全国の放送局を集約する配信プラットフォームを開設、地域創生と放送局の新たなBtoC収益を目指すLIVEコマースサービス「クラフトーク」の提供を開始した。

 同サービスは、地域ネットワークから商品を選定し、生産者・販売者の商品へのこだわりを紹介するコンテンツを制作し、ライブとアーカイブで配信するもの。

 放送コンテンツ制作のノウハウ、テレビ放送枠や保有するスマートフォンアプリケーションといったデジタルメディアによる発信力および、ライブやアーカイブで配信するプラットフォームを通して、地域の生産者・販売者と直接コミュニケーションをとりながらショッピングができる仕組みだ。

 これにより、生活者には新たな商品との出会いをデジタル上で提供できる。また、放送局にとっては新たな手法での地域経済の活性化および、新たなBtoC収益機会の拡大が期待できる。

 同社は2021年10月より半年間、数局とPoC(Proof of Concept:概念実証)を実施し、LIVEコマースに適応した番組制作や購入率を向上させる演出方法のち県を蓄積してきた。それらのノウハウを「クラフトーク」に反映させ、収益の最大化を図る。また、視聴データを分析し最適な配信時間帯・番組内容・商品・広告・出演者などを見極めていく。

 なお、連携する放送局は2022年5月時点で全国32放送エリアに対して21放送エリア。今後も系列を問わず広範囲でのサービス提供を目指す予定。

【関連記事】
ビックカメラとSHOWROOMが資本業務提携、ライブコマース事業で新しい買い物体験の提供を目指す
配信スタジオを併設しライブコマースなどの実施へ ロクシタンジャポンがアトレ上野店をリニューアル
複数SNSでの同時配信などを実現 Liver Bankが「自社でライブコマースできるくん」を提供開始
博報堂DYMP、地上波CMとコネクテッドテレビのOTT広告配信を統合活用する新ソリューションを提供
博報堂DYMPら、西友のレジ横サイネージ媒体と「BRAND VIEW OUTDOOR AD」を接続

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/13 10:00 https://markezine.jp/article/detail/38970

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング