SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

世界で愛されるブランド、1位はアシックスに ランキング圏外から大躍進【Talkwalker調査】

 ソーシャルリスニングを行うTalkwalker(トークウォーカー)は、ソーシャルメディア管理プラットフォームを提供するHootsuiteと共同で「Love Brand 2022 - これからも愛されるブランドでいるための秘訣」を発表した。

 同調査は、ブランド愛の要因に着目しソーシャルリスニングにより26億件の消費者の会話を調査。感情・信頼・顧客満足の3つのスコアを測定し、消費者がポジティブな印象を抱く企業TOP50を割り出している。

 以下、一部内容を紹介する。

 1位は、日本企業のアシックス。2021年はTOP50圏外であったが大躍進を遂げた。他ブランドとのコラボレーションやインフルエンサーとの連携といったクリエイティブキャンペーンを次々展開したことをポイントとして挙げられた。また、スポーツイベントのスポンサードやポケモンとの提携キャンペーンが一例として紹介された。

 2位にはコーヒーメーカーのilly(イリー)、3位には多様なインフルエンサーを起用しているColorbar Cosmetics(カラーバーコスメティクス)がランクイン。日本のブランドでは、キューピー、MUJI、ヤクルトなどがランキング入りしている。

 業界別でみると、美容、ファッション、食品・飲料ブランドはトップ50の平均以上のスコアとなった。特に美容やファッションブランドは時代を先行する業界として、世界中の消費者の共感を得られる形での発信が目立った。

 また、2022年は小売り・eコマースブランドの信頼スコアが平均値を大きく上回った。一方で、旅行・サービス業はコロナ禍の影響を受け苦戦する結果となった。

【関連記事】
デジタルガレージ、HootSuite社と提携 ソーシャルメディア管理ツールの国内販売を促進
約8割の消費者がロイヤルティの高いブランドを持ち、プライバシー保護を重要視【チーターデジタル調査】
2022年、マーケティング担当者が最も優先すべきことは「ブランド認知の向上」【ニールセン調査】
アシックスジャパンとCCCが包括的業務提携、共同事業について企画・開発を検討
【耳から学ぶ】コーセー「ファシオ」にリブランディングを学ぶ/2022年のSNSマーケティング予算は?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/17 17:45 https://markezine.jp/article/detail/39234

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング