SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DACが小学館のメタバースプロジェクトに参画 XR・メタバース領域のコンテンツやメディア体験の開発へ

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)は、小学館のメタバースプロジェクトに参画することを発表した。

 DACは、XR・メタバース領域におけるメディアおよび広告ビジネスデザイン事業「arrova(アローバ)」を展開中だ。一方の小学館も、XR・メタバースを活用したプロジェクトをローンチ。同社が保有するコンテンツと読者をつなげるメタバースメディア「S-PACE(スペース)」の一般公開を予定している。

 arrovaでは、2021年に発足した小学館のXR事業推進室とともにメタバース事業に関する協議・計画を行ってきた。今後、両社は連携を強化し、XR・メタバース領域におけるコンテンツとコミュニティ形成のほか、次世代のメディアコミュニケーション体験の策定・開発を実施予定。また、DACが保有するメタバース広告のアセットを用いた事業共創も検討していく。

【関連記事】
日本テレビ、放送クオリティの企画演出・コンテンツ制作で課題解決をサポートする「日テレXR」提供開始
仮想空間でのライブ配信を実現 ALPHABOATが「ALPHABOAT XR Studio」を開設
パルコ、メディア化ソリューション「XRscape」に参画 渋谷PARCOでバーチャル広告などの展開へ
日産自動車、凸版印刷、NoMAラボ「なみえバーチャル商店街サービス」の実証実験を開始
KADOKAWA、ニコニコ超会議2022でVR・メタバース・AIなどDX化された「未来の書店」を出展

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/05 12:30 https://markezine.jp/article/detail/39375

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング