SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KADOKAWA、ニコニコ超会議2022でVR・メタバース・AIなどDX化された「未来の書店」を出展

 KADOKAWAは、2022年4月29・30日の2日間、幕張メッセにて開催される「ニコニコ超会議2022」に出展。未来の書店をコンセプトとした「超ダ・ヴィンチストア by KADOKAWA」を展開する。

 ところざわサクラタウンにある「本棚劇場」や書店「ダ・ヴィンチストア」のVRとメタバースでの再現。加えて、AIによるおすすめ本のレコメンド、タッチモニターやタブレットでの全冊検索を、それぞれ1メートル四方ほどのスペースで、VRゴーグルを使った仮想空間やサイネージ、タブレット経由で実際に本の購入を体験できるブースとなっている。さらに、一部の購入デモは同イベントの会期中に自宅から体験することも可能だ。

左:メタバース書店、右:VR本棚劇場

左:メタバース書店、右:VR本棚劇場

 未来の書店体験で選んだ書籍は、紙か電子かを選んで購入できる(一部を除く)。

 ブース外壁は、本をモチーフにしたプロジェクションマッピングや3Dホログラムの映像展示を行い、書店を映えるフォトスポットに演出。また、顧客が購入した本でリアルタイムに本棚が埋まっていく、ブース外壁の大型ビジョンに映し出されるバーチャル本棚「LIVE BOOKSHELF」も注目だ。

【関連記事】
KADOKAWA子会社、Youzan Japanと業務提携 中国向け越境ECとマーケティングを支援
ヤフーとKADOKAWAが業務提携契約 レジャー情報の収集からチケット購入・入場までをシームレスに
博報堂DYHDとMESON、丸の内エリアでローカル5Gを活用したAR/VRの実証実験を実施
NTTと電通、TGSVR2021にて規模なVR空間における広告モデル実証を実施
電通のXRX STUDIOと電通グループ、東京ゲームショウのVR化に基盤システムを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/21 17:45 https://markezine.jp/article/detail/38861

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング