SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

マーケターが知っておきたいBtoB企業広報の基礎知識

BtoB企業こそ広報とマーケの連携が重要。成果を出しているスタートアップの事例を紹介

 本記事は、「マーケターが知っておきたいBtoB企業広報の基礎知識」をテーマにお届けする連載の第3回です。第1回ではBtoB企業が広報をはじめるメリットと最適なタイミングについて、第2回ではスタートアップの成功例から学ぶ広報部の立ち上げ方とマーケティングと広報の連携の秘訣についてお伝えしました。最終回となる第3回では、マーケティングと広報の両部門がシームレスに連携して成果を出している企業の具体的な事例を紹介します。

企業の成功事例から学ぶ、マーケと広報が連携した施策のはじめ方

 これまでの連載でお話しした通り、「広報活動がはじめられる5つの条件」が整い(第1回記事)、経営上の課題や目標から逆算して「広報活動の目的」(ブランディング、マーケティング、採用など)が設定でき(第1回記事)、「組織体制」が整えば(第2回記事)、いよいよ具体的な施策をスタートさせることになります。

 今回は、具体的な施策を知る機会として、マーケティング部門と広報部門が一体となって成果を出している2社のBtoB企業の事例を挙げます。知名度が高いとは言えなかった創業間もないスタートアップのBABY JOBとカミナシが、各社の広報・マーケティング活動の目的を達成し、成果を上げるまでにどのような施策を行ったのか紹介します。

1日1本以上の取材が来るBABY JOBが、認知獲得のためにしたこと

 BABY JOBは2018年創業で、おむつとおしりふきが使い放題になるサブスクリプションサービス「手ぶら登園」を保育施設や保護者向けに提供している会社です。代表の上野氏が2012年に働くママの支援を行う企業SSM(Super Strong Mother)を立ち上げ、保育園事業を開始しました。その中で、保育園に来るママのタスクを軽くする方法として「手ぶら登園」サービスを思い付き、BABY JOBを創業したのです。

 その後、各園に「手ぶら登園」を紹介していく中で、同社は保護者が使用済み紙おむつを保育園から持ち帰らなくてはならないという社会課題に気づきました。特定の自治体では、保育園の子どもが使うおむつ1枚1枚に名前を書いて持っていった後、保護者が使用済みのおむつを持ち帰って家で処分する必要があります。

 東京23区では持ち帰りが必要な公立保育園はゼロですが、滋賀県では約90%の市区町村(BABY JOB調査より)で持ち帰りが発生しています。

 上野氏によれば、「こうした課題は保育園に子どもを預けている当事者以外の人は知らず、また当事者たちも自治体によって違いがあることを知りません」とのこと。そのためBABY JOBでは、まず“こうした社会課題がある”ことの認知拡大を自社の広報活動の目的に定めました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
少ない予算でできる、“社会課題を知ってもらう”ための話題作り

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
マーケターが知っておきたいBtoB企業広報の基礎知識連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松田 純子(マツダ ジュンコ)

リープフロッグ合同会社 CEO  国内外のスタートアップ、中小企業など向けに広報部門立ち上げ支援コンサルティングを行う。伴走型、人材育成型で新人、独り広報の会社でも効率よく広報部門を立ち上げ、企業成長に資する広報活動が行えるよう支援。早稲田大学卒業後、大手求人広告でのコピーライターを経て、IT系メガベンチャー、博報堂系デジタル広告会社で広報業務に従事。経営戦略室マネジャーを経て2019年に起業。現在は、B2B領域を専門にスタートアップから東証一部上場企業まで幅広...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/29 07:30 https://markezine.jp/article/detail/39519

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング