SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2022年夏は近距離旅行の需要が拡大/年内は7割が旅行意向あり【ロイヤリティ マーケティング調べ】

 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティングは、コロナ禍の国内外の旅行に関する需要を調査した。以下、一部調査結果を紹介する。

2022年の夏は、34%が旅行の予定があると回答

 まず、2022年の夏に旅行や観光に行く予定の有無を調べたところ、34%が旅行の予定が「ある」と回答した。居住エリア別に見ると、関東地方と東海地方の居住者に旅行の予定がある割合が高く、中国地方と四国地方は低い結果となった。

2022年夏の旅行予定有無
2022年夏の旅行予定有無

 またコロナ禍以降の2020年、2021年と比べて旅行の需要は回復が見られた。

2019年から2021年の夏の旅行経験(2021年8月調査)
2019年から2021年の夏の旅行経験(2021年8月調査)

旅行先は「近距離旅行」が多い傾向に

 続いて、2022年夏に行きたい旅行場所を調査した。結果、全体で関東が20%と最も高く、次いで北海道東北(18%)、九州沖縄(17%)となった。いずれも旅行先と居住エリアが同じ「近距離旅行」が多かった。

2022年夏の旅行場所
2022年夏の旅行場所

年内の旅行意向は71%、国内旅行の需要が増加

 2022年内に旅行や観光に行きたいかを尋ねた。結果、「行きたい」と回答したのは全体で71%だった。

今後の旅行に関する意向
今後の旅行に関する意向

 旅行先は北海道東北(22%)が最も高く、九州沖縄(20%)、近畿(17%)と続いた。また、2022年夏の旅行の予定と比べて旅行先と居住エリアが同じ割合は減少し、異なるエリアを選ぶ人の割合が増加。「遠距離旅行」の需要の高まりがうかがえる。一方、海外と回答した人は、全体で4%に留まった。

今後の旅行で行きたい場所
今後の旅行で行きたい場所

海外旅行の需要は変わらず低調

 2019年から2022年の海外旅行の有無についても調査した結果、海外旅行に行った人はコロナ禍で大きく低下した。2019年の15%に対して、2020年は5%、2021年および2022年は3%となった。海外旅行は、まだ需要回復の兆しは見られない結果となった。

近年の海外旅行有無
近年の海外旅行有無

【調査概要】
調査対象:国内在住20歳以上の「Pontaリサーチ」会員
サンプル数:4,700名(都道府県ごとに100サンプル回収)
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年6月8日(水)~2022年6月17日(金)

【関連記事】
物価上昇による家計への影響、約8割が「感じている」と回答【ロイヤリティ マーケティング調査】
ロイヤリティ マーケティングが「イイコト応援プロジェクト」を開始 ユーザーの投票数に応じて寄付を実施
3D映像のポンタが通行人にリアクション ロイヤリティ マーケティングがサイネージを活用した施策実施へ
ロイヤリティマーケティングに学ぶ、データ連携の進化と活用事例【MarkeZine Day】
夏休みの旅行の予算、昨年比増が4割【ONE COMPATH調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/29 17:45 https://markezine.jp/article/detail/39594

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング