SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ad:tech tokyo 2022に「SEEHER」の責任者が登壇 広告における女性表現を語る

 Comexposium Japan(コムエクスポジアム・ジャパン)は、2022年10月20日(木)、21日(金)に「ad:tech tokyo(アドテック東京)」を開催。基調講演に、全米広告主協会の独自プロジェクト「SEEHER」の責任者を務めるクリスティン・ギルフォイル氏が登壇すると発表した。

クリスティン・ギルフォイル氏

クリスティン・ギルフォイル氏

 SEEHERとは、全米広告主協会が2016年から開始した活動のひとつ。広告表現などにおいて女性が正しく描かれることを目指し、広告におけるジェンダーバイアスを計測する「GEM(Gender Equality Measure)」の推進を中心に、情報発信やツールキットの提供などを行っている。

 ギルフォイル氏が登壇する基調講演では、SEEHERの具体的な活動事例を紹介するとともに、ジェンダーバイアスのない広告表現や企業コミュニケーションを設計する際のポイントなどを解説する予定だ。なお、基調講演の聴講には「Visitor Pass(ビジターパス)」が必要となる。

【開催概要】
日程:2020年10月20日(木)~21日(金)
場所:東京ミッドタウン&ザ・リッツ・カールトン東京
参加方法:お申し込みはアドテック東京公式サイトより

【関連記事】
アイスタイル、「2022年下半期トレンド予測」発表 リベンジ消費・ジェンダーレスがキーワードに
約65%が多様性を感じられる広告モデルの起用に好感/購買意思とはギャップも【@cosme調査】
「SDGs」の認知度は9割超え/最も興味の高いゴールは「すべての人に健康と福祉を」【LINE調査】
SDGsの認知度は全体の8割超/学生の理解度が社会人を上回る【CCCマーケティング総研調査】
SDGsの認知度はシニア世代も8割超/取り組み意向は70代がトップ【ハルメク生きかた上手研究所調べ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/04 13:00 https://markezine.jp/article/detail/39617

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング