SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCCマーケティング総研、2022年6月の「産業動向レポート」「産業天気予報」を発表 

 CCCマーケティング総研は、2022年6月の「産業動向レポート」および「産業天気予報」を発表した。

 同総研は、CCCマーケティングの有するデータやアセットを基に、生活者の意識調査などを行う機関だ。今回のレポートは、CCCマーケティングが提供する家計簿アプリ「レシーカ」のレシートデータと、同総研の研究員による企業への調査結果を組み合わせて作成。コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストア、ホームセンター、外食、百貨店、ショッピングセンターの小売7業界における生活者動向と見通しを独自にまとめた。

2022年6月の「産業天気予報」【クリック/タップで拡大】

 レポートによると、コロナ禍で危機的状況を迎えた外食産業が、2022年6月における休日の外食利用はコロナ禍前の利用に近い、もしくはコロナ禍前を超える業態も出てきた。

 “外食復活”とも言うべき動きが加速する中で、スーパーマーケットの売上鈍化が目立つ。スーパーマーケットを運営する多くの企業では、内食疲れの緩やかな拡大と生鮮三品を含む食品群の価格上昇を受けて、客数の伸び悩み、買い上げ点数の減少といった状況に陥っている。

 そうした中でも業績を維持しているスーパーマーケットの取り組みを見てみると「食のグローバル化」「惣菜強化」という点が共通している。コロナ禍で外食の利用が大幅に減少した際、これまでは外食で味わえたメニューを家庭内に取り込む動きが加速。特にアジアンメニューはメーカーの取り組み強化により、専用ミールキットや調味料の販売が拡大している。

【関連記事】
CCCマーケティングとトレジャーデータ、生活者インサイトの理解を助ける情報プラットフォーム提供開始
CCCマーケティング総研、2022年5月の「産業動向レポート」「産業天気予報」を発表 

CCCマーケティング総研、2022年4月における小売業界の「産業動向レポート」「産業天気予報」を発表
CCCマーケティングが「MUSIC LOUNGE」を企画 音楽と空間を活用したブランディングの支援へ
SDGsの認知度は全体の8割超/学生の理解度が社会人を上回る【CCCマーケティング総研調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/17 18:00 https://markezine.jp/article/detail/39722

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング