SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCCマーケティング総研、2022年5月の「産業動向レポート」「産業天気予報」を発表 

 CCCマーケティング総研は、2022年5月の「産業動向レポート」および「産業天気予報」を発表した。

 同総研は、CCCマーケティングの有するデータやアセットを基に生活者の意識調査などを行う機関だ。今回のレポートは、CCCマーケティングが提供する家計簿アプリ「レシーカ」のレシートデータと、同総研の研究員による企業への調査結果を組み合わせて作成。コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストア、ホームセンター、外食、百貨店、ショッピングセンターの小売り7業界における生活者動向と見通しを独自にまとめた。

2022年5月の「産業天気予報」【クリック/タップで拡大】

 レポートによると、2022年5月は全国で行動制限のないゴールデンウィークとなり客足は大幅に増加。その結果浮上した人員不足の問題に、配膳ロボットの導入など、少ない人手でも営業できる体制構築を進める動きが出始めた。

 外食店ではレジ・精算業務の機械化に加え、オーダーの人的接触を抑制する動きが拡大。大型店舗はもとより小規模店においても、利用者がQRコードを読み込んで自らのモバイル端末からオーダーする「セルフオーダーシステム」を採用する店舗が増えてきた。

 急速に店舗数を拡大しているのが「無人餃子販売店」「無人弁当販売店」だ。無人販売に関しては安全性に懸念があったが、事前登録制を採用するなど、安全な商品提供が維持できる仕組みづくりが進んでいる。

【関連記事】
CCCマーケティング総研、2022年4月における小売業界の「産業動向レポート」「産業天気予報」を発表
CCCマーケティングが「MUSIC LOUNGE」を企画 音楽と空間を活用したブランディングの支援へ
SDGsの認知度は全体の8割超/学生の理解度が社会人を上回る【CCCマーケティング総研調査】
移動×購買データ分析の可能性検証へ CCCマーケティングらがカーナビアプリを用いた実証実験を開始
共同印刷、京王百貨店新宿店にを出店 無人店舗販売や環境配慮をめざすOMOの実証実験へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/12 17:45 https://markezine.jp/article/detail/39430

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング