SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Spotify、国内における広告ビジネスを拡大 今後2年で広告営業人員を約5倍へ

 8月22日、Spotifyは国内における広告営業部門とサービスを拡大し、デジタル広告のさらなる成長を後押しすると発表した。今月2名の執行役員 本部長職が広告営業チームに新たに加わったほか、国内の広告代理店パートナーや広告主となるブランドに対するサービスを向上する目的で、今後2年間で広告営業チームの人員を現在の約5倍に増強していく。

 現在日本のSpotifyユーザーは、1日に平均2時間以上Spotifyを利用している。さらに、日本のZ世代ユーザーによるポッドキャスト利用は2022年第1四半期には前年同期比で91%も増加。このうち18歳から24歳のリスナーの37%は、少なくとも週に1回以上ポッドキャストを聴いていることがわかった。

 このような日本国内での利用者拡大と、近年のデジタル音声広告の需要の高まりに合わせ、同社は海外で実装・展開されている広告やポッドキャストのソリューションを近い将来日本でも実装。ユーザーに対してブランドが効果的にリーチできるように支援を進めていく予定だ。

 今回執行役員 営業本部長として入社した伊坂英雄氏と立石ジョー氏は、新しくなった国内広告営業チームを率い、それらのSpotifyの広告ソリューションを日本で展開していく。伊坂氏は米Meta Platformsの日本法人であるFacebook Japanにて複数の業種にわたる広告営業チームを率いた経験を持ち、立石氏はTwitterやナイキで広告営業やデジタルビジネスを統括してきた経験者だ。両氏は、Spotifyのアジア太平洋地域広告営業責任者であるBrad Grealy氏の直属となる。

【関連記事】
【回答者特典あり!】MarkeZineがアンケート調査を開始
SpotifyとIASが協業 ポッドキャスト広告のブランドセーフティ向上を目指す
2021年に最も聴かれた楽曲は「ドライフラワー」 Spotifyが聴取データに基づくランキングを発表
ビデオポッドキャスト形式で配信 Spotifyが新番組「EDUCAST 熱中大学」をスタート
TOKYO FMとSpotify、オーディオ広告とラジオCMを組み合わせたセットメニューの提案を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/26 18:30 https://markezine.jp/article/detail/39829

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング