SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

データで読み解く

話題アニメ『鬼滅の刃』『呪術廻戦』『SPY×FAMILY』のファン層分析から、ヒット要因を探る

 2020年10月に公開され、大ヒットとなった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。国内興行収入は400億円を突破し、歴代1位であった『千と千尋の神隠し』を抜き19年ぶりの更新となった。ストーリーや登場人物といった作品自体の魅力や、動画配信サービスの拡充やコロナ禍といった外的要因など、爆発的ヒットの理由は様々推察されている。その話題性から様々なコラボ商品などが売り出されている。  今回の「データで読み解く」では、マクロミルの「ブランドデータバンク」から、『鬼滅の刃』の他に『呪術廻戦』と『SPY×FAMILY』といった話題のアニメ作品をピックアップし、ファン層のプロファイル分析を実施。各作品のファン層の違いを明らかにすることで、何がアニメのヒット要因であるのかの考察を行う。

※本記事は、2022年9月25日刊行の定期誌『MarkeZine』81号に掲載したものです。

映画の爆発的ヒットと連動してトレンドも急上昇した『鬼滅の刃』

 図表1は、Googleトレンドにおける各アニメ作品のトレンド値推移とトレンド値が上昇しているときに何があったのかを示したグラフである。

(タップで画像拡大)
図表1 各アニメの Google トレンドの値の推移(タップで画像拡大)

 各アニメの共通点として、アニメ放送後にトレンド値が大幅に上昇していることがわかる。しかし、『鬼滅の刃』はアニメ放送の後半から徐々に人気が高まっていっているのに対して、『呪術廻戦』は中期から、『SPY×FAMILY』は最初から人気が高く、各作品が注目された時期が異なっていると推察できる。『鬼滅の刃』はアニメ放送後も値を伸長させていき、最初の山は漫画の完結時となっていた。また、映画の公開時にも大幅に値が上がっており、その後のテレビ放送でもある程度検索されていることが見て取れる。

 一方で、『呪術廻戦』に関しては映画が公開されてもそれほど値は変化せず、アニメ放送時と同程度に留まるなど、『鬼滅の刃』とは異なる傾向が見られた。アニメ放送、漫画の完結、映画公開と短い間でのインパクトのある話題によって、『鬼滅の刃』は着実に人気を得ていったと考えられる。

 では、各作品のファン層は具体的にどのような人たちなのか。ブランドデータバンクより、『鬼滅の刃』ファン(2019年12月調査 856人)、『呪術廻戦』ファン(2021年1月調査 857人)、『SPY×FAMILY』ファン(2022年1月調査 125人)と定義し、分析した。

データで切る、アニメ放送前後のファン層の比較

 各アニメファン層のプロファイリングとして属性・価値観・好きなブランドの3つの視点から比較を行った。まず図表2によると、属性の興味深いポイントとして、各アニメのストーリーやジャンルが異なるにもかかわらず、平均年齢が30代前半であること、女性の割合が高いこと、学生の割合が高いことなどの共通項が見られた

(タップで画像拡大)
図表2 アニメ放送後のファン層属性(タップで画像拡大)

 また、共通する他の特徴として、課金したことのあるサービスにおいて、動画サービス(月額制)、音楽配信サービス(月額制)、電子書籍・電子コミック(都度購入)、アプリ内での課金(ゲーム)などが全体に比べて割合が高く、エンタメコンテンツに課金を行う層であることがわかる。

 SNSへの投稿数・反応数はともに週に1〜2回以下で「友人・知人・家族などとコミュニケーションをとる」といった利用目的の他に、「自分の趣味・関心事に関する情報を収集する」や「気になる情報を検索する」といった項目が高いことも特徴的であり、アニメの情報などをSNSによって収集しているのではないかと考えられる。

 図表3によると、接触・信頼度の高いメディアとして「友人・知人」や「家族」の他に「テレビCM」や「テレビの番組内情報」といったテレビに関連する項目が高くなっている。

(タップで画像拡大)
図表3 各アニメ放送前後の特徴的な価値観(タップで画像拡大)

 価値観は「自分が気に入れば、ブランドや評判は気にならないほうだと思う」といった項目や「次から次へと欲しいものが出てきて困る」、「一度使って気に入った商品は同じシリーズやその会社の別商品を購入する」という項目が高い点がすべての作品で特徴的であった。

 図表4の通り、『鬼滅の刃』ファンの好きなアニメ・漫画では、『呪術廻戦』、『SPY×FAMILY』がともに上位には挙がっていない。『呪術廻戦』ファンも同様に『鬼滅の刃』、『SPY×FAMILY』は上位に挙がっておらず、『SPY×FAMILY』ファンのみ、『呪術廻戦』が上位に挙がる点が特徴的である。

(タップで画像拡大)
図表4 各アニメ放送前後のファンが好むブランド TOP3(タップで画像拡大)

 ゲームアプリでは、『鬼滅の刃』ファンは「パズル&ドラゴンズ」が高いことや、『呪術廻戦』ファンは「荒野行動」が高い傾向であることがわかる。各調査期間の約1年後にはなるが、『鬼滅の刃』は「パズル&ドラゴンズ」と、『呪術廻戦』は「荒野行動」とそれぞれコラボをしており、各タイトルのファン層を上手く掴んだマーケティング施策だと言える。

 好きな音楽アーティストは、『鬼滅の刃』ファンは、オープニング曲である「紅蓮華」の歌手であるLiSAが1位となっている。『SPY×FAMILY』ファンは、アニメ放送前であるが、オープニング曲である「ミックスナッツ」を書き下ろすことになるOfficial髭男dismが上位に入っており、こちらもファン層に合ったアーティストを起用できていることがうかがえる。

 このように、アニメ放送前後のファン層の属性、価値観は3つの作品で共通項が多いことがわかった。また、好きなゲームアプリや音楽アーティストでは、各アニメタイトルに関連するコンテンツが好まれる傾向にあった。次の章では、『鬼滅の刃』と『呪術廻戦』の映画公開後のファン層の比較を行うことで各映画がどのような層に評価されたのか明らかにする。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
アニメ放送前後とは異なる⁉ 映画公開後のファン層の比較

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
データで読み解く連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

石丸 悠太郎(イシマル ユウタロウ)

株式会社マクロミルデータビジネスデザイン本部 パネルデータプランニングG大学院では情報科学を専攻し、ID-POS、移動データを用いた店舗内回遊モデルの構築とマーケティングへの応用を研究。アナリストとしてプロダクト開発部門に所属し、データサイエンスを活用した分析ソリューション開発を担当。マクロミルの消...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/28 09:30 https://markezine.jp/article/detail/40079

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング