SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、パーパス起点でCX施策を開発するフレームワークの提供を開始

 電通デジタルは、企業がもつパーパスと生活者インサイトを起点にCX(顧客体験)コミュニケーション施策を開発。顧客の新規獲得やファン化を促進させるフレームワーク「PIECEキャンバス」の提供を開始した。

 同フレームワークは、企業がパーパスを生活者のコミュニケーションに結び付けることが目的だ。生活者のインサイトをパーパスとつなぎ、企業やそのブランドが本質的にもつ価値である「エッセンス」を共創することを中心に据えている。

 このエッセンスを「マーケティングワード」や「コンセプト」といった形で的確に抽出・言語化するとともに、所属クリエイターのCX発想によるコミュニケーション開発スキルを活用。エッセンスを軸とした一貫した顧客体験や広告施策を生み出すことで、顧客の新規開拓およびファン化につなげる。

 具体的なステップとしては、まずインタビュー調査により生活者のインサイトを深耕し、同フレームワークのキャンバス上にマッピング。現状の把握をした後エッセンスの導出と言語化を行い、「マーケティングワード」や「コンセプト」として昇華させる。それをもとに参加企業と電通デジタル内の関連チームがワークショップを実施することで、新しい施策のアイデアにつなげていく。

【関連記事】
広告予算、ツール導入、ソーシャルメディア活用「他社はどうしてる?」がわかるアンケート実施中!
電通デジタル、統合フレームワークの提供を開始 SNSユーザーを趣味嗜好で区分し独自分析
電通と電通デジタル、東京大学AIセンターと「AI活用による広告クリエイティブ効果最大化」共同研究開始
電通デジタルと電通九州、霧島酒造のDX推進を支援 Salesforceでデータ基盤を構築・管理
電通デジタルと電通、複数のデータクリーンルーム環境を一元管理する「TOBIRAS」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/29 11:15 https://markezine.jp/article/detail/40131

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング