SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタルと電通、複数のデータクリーンルーム環境を一元管理する「TOBIRAS」を開発

 電通デジタルと電通は、過去6年で900件以上のデータクリーンルームの活用実績・知見をもとに、複数のデータクリーンルーム環境での分析・運用を一元管理するシステム基盤「TOBIRAS(トビラス)」を開発した。

 また、データクリーンルームに特化した専門スキルや、改正個人情報保護法などの法律や関連規約への知見を持つ社員を認定する「認定アナリスト制度」を導入。300名以上の認定アナリストがTOBIRASや関連プロダクトを活用し、Cookieフリー時代における顧客企業のマーケティングを支援していく。

 TOBIRASは複数のデータクリーンルームに対して一括で安全なデータ転送が可能で、同一の集計および補正ロジックにより各データクリーンルームの分析結果を統一指標によって横並びで比較や評価ができる。また、これまで手動だったコーディングをはじめとする関連操作の多くが自動化されるため、スピーディーかつ安定的に、正確で柔軟な分析結果の提供が可能だ。これにより、顧客企業内での迅速なPDCAや意思決定をサポートすることができる。

 さらに、これまで電通デジタルと電通が開発してきたデータクリーンルーム関連のプロダクトを「TOBIRAS」と連携させ、TOBIRAS Insight/TOBIRAS Activation/TOBIRAS Measurement/TOBIRAS Optimizationとして体系化・再構築した。これにより、ターゲット分析・デジタル広告プランニング・効果測定・運用の最適化など、顧客企業のマーケティングの目的や課題に合わせてデータクリーンルームのデータや分析結果を効果的に活用することができる。

データクリーンルーム関連のサービス概要
データクリーンルーム関連のサービス概要

 今回の開発の背景には、改正個人情報保護法の施行や、ブラウザやアプリOSの仕様変更にともない、Cookieや広告識別子のマーケティング活用にユーザーの事前同意・許諾が必要なケースが増加したことがある。そのため、これらの事業者が許諾を取得したデータを、個人が特定できない環境で分析しつつ、従来以上に高度なデータマーケティングを可能にするデータクリーンルームの活用に現在注目が集まっている。

 その一方で、データクリーンルームはプラットフォーム事業者ごとに分析に必要な環境やシステムの仕様が異なるため、運用を一元化したり、データクリーンルーム同士のデータを比較検討したりできないという課題があった。そうした課題を解決するため、「TOBIRAS」が開発された。

【関連記事】
ヤフーとトレジャーデータ、両社のデータを活用したデータクリーンルームを2023年春頃に提供
AppsFlyer、プライバシー保護を重視したデータクリーンルームソリューションを提供
DAC、データクリーンルームを活用し、ユーザー・広告効果を分析する「WISE Hub」の提供を開始
LINE、トレジャーデータと業務提携 データクリーンルームソリューション開発やLINEの活用目指す
博報堂DYMPとDAC、データクリーンルームを活用した広告プランニングシステムでAmazonに対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/26 15:50 https://markezine.jp/article/detail/39826

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング