SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタルと電通九州、霧島酒造のDX推進を支援 Salesforceでデータ基盤を構築・管理

 電通デジタルと電通九州は、霧島酒造のプロジェクト「くつろぎDX(顧客体験の向上)」においてSalesforce製品を採用し、顧客体験設計から製品の導入・開発まで一気通貫での支援を開始した。

 具体的には、マーケティングオートメーションツール「Marketing Cloud Engagement」、カスタマーデータプラットフォームツール「Marketing Cloud Customer Data Platform」、営業支援ツール「Sales Cloud」、データ分析可視化ツール「Tableau」の4製品を導入。各顧客接点で発生するデータを統合し管理・活用するためのプラットフォームの構築に取り組む。

 3社はこれらのSalesforce製品の導入により、消費者の嗜好データや行動データを可視化。消費者像の解像度を上げ、適切なタイミング・チャネルを利用して消費者との直接のつながりの強化を目指す。

 同プロジェクトにおいて電通デジタルと電通九州は、コミュニケーションデザインからSalesforce製品の導入・活用まで、グループ連携によって霧島酒造の支援を行う。電通九州は霧島酒造のブランドコミュニケーションをサポートし、電通デジタルはSalesforce製品の導入支援実績を活かして顧客体験向上のための戦略策定から携わる。

【関連記事】
【回答者特典あり!】MarkeZineがアンケート調査を開始
電通デジタルと電通、複数のデータクリーンルーム環境を一元管理する「TOBIRAS」を開発
電通デジタル、生活者視点と未来志向でSDGs事業開発を支援するプログラムの提供開始
Salesforce、TikTokと提携 ソーシャルコマースサービスの拡充へ
Salesforce、九州観光機構・JTBと九州の観光DXに関する包括連携協定を締結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/26 17:30 https://markezine.jp/article/detail/39821

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング