SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Salesforce、九州観光機構・JTBと九州の観光DXに関する包括連携協定を締結

 セールスフォース・ジャパン(以下、Salesforce)は6月20日、九州観光機構、JTBと、持続可能な九州経済の発展を目的として、包括連携協定を締結した。

 観光DXを推進し、地域事業者のデジタルビジネスの支援や九州ファンの獲得、リピーター化に向けて観光客一人ひとりに寄り添える仕組みづくりの実現を目指す。

(タップで画像拡大)

 取り組み内容は以下の通り。

  1. 九州の課題の抽出と効果的なマーケティング・情報を活かしたイベントの創出
  2. 九州観光機構の実施事業のデータ蓄積と活用戦略の策定
  3. 九州観光プラットフォーム「地域共創基盤」(※1)の導入
  4. 観光DX推進に関する実証事業の合同実施
  5. DXアドバイザーの設置
  6. 九州観光DX戦略立案
  7. デジタル活用人材育成と教育システムの構築

 同協定に基づき、1年目にJTBとSalesforceは、Salesforce Service CloudやTableauなどを導入して地域DMO(※2)、運輸局、観光事業者との情報連携を効率的に行うほか、同機構の会員企業との相互利用可能なシステム環境を整備し、各地域の観光DXのモデルとなる「九州観光プラットフォーム」を構築する(JTBの投資開発にて先行して構築)。その後、九州観光機構は、保有する各種事業データを収集、九州観光プラットフォームに蓄積する。並行して、DXの推進体制作り、学習支援、専門家派遣、観光庁事業の取組み、会員組織との連携を進めていく。

 2023年度には Salesforce Experience Cloudによるデータ連携やビジネスマッチング、2024年度にはSalesforce Marketing Cloudによるデジタルマーケティングプラットフォームの実現を目指す。

(タップで画像拡大)

※1 地域共創基盤…地域の計画や観光戦略に基づき、Salesforce Customer 360や Salesforce Marketing Cloudにより目的に合わせたマーケティングロードマップを策定するシステム

※2 地域DMO…基礎自治体である単独市町村の区域を一体とした観光地域として、マーケティングやマネジメントなどを行うことにより観光地域づくりを行う組織 (国土交通省官公庁の登録区分に基づく)

【関連記事】
地域の顧客データを可視化!JTB、地域観光マーケティングを支援する「エリア アナライザー」を開発
電通とJTB、地元の魅力を発見し観光リーダーを育成する「地域観光マーケティングスクール」を開発
サウナを軸に地域経済の活性化を目指す ADK MSと北海道文化放送が「&sauna FARM」を始動
電通と電通グループ7社、地域経済の活性化を目的とした「地域のためのEC研究所」を発足
TikTok×三重県観光連盟×人気クリエイター、情報発信を開始 観光事業再生・地域産業活性化目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/21 18:00 https://markezine.jp/article/detail/39276

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング